バレーボールPRESSBACK NUMBER

男子バレー、16年ぶりの五輪切符。
北京へつながった大歓声と歓喜の輪。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2020/05/03 19:00

男子バレー、16年ぶりの五輪切符。北京へつながった大歓声と歓喜の輪。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

北京五輪出場を決めたバレー男子日本代表。16年ぶりの快挙に東京体育館は歓喜に包まれた。

最後まで下を向かない日本。

 そして、イタリアに大逆転負けを喫したあと、日本は4連勝で6戦目のアルゼンチン戦を迎える。この試合に勝てば、日本はオリンピックの出場権が獲得できる――。

 第1セットを26-28で奪われ、第2セットは25-13、第3セットは25-19と日本が2セットを連取。第4セットは17-25でアルゼンチンが奪う。試合は第5セットまでもつれた。

 この試合こそ、何度も何度も「やはり負けるのではないか」という思いが頭をよぎった。「オリンピックは遠い夢なのか」と、リードを奪われると弱気になった。しかし、そのたびにサービスエースやブロックポイント、ブロックをものともしないスパイクで日本は追いつくのだ。選手が少しもあきらめていないことが、プレーからひしひしと伝わってきた。

 下を向きかけていた筆者は、まるで「あきらめるな」と、幾度も横っ面を殴られるように感じた。1つひとつのプレーが叱咤激励に思えた。見ている筆者がそう感じるくらいだから、一緒に戦っていた選手も同じ思いだっただろう。

 あのときほど、アスリートが、そしてスポーツが、どれほど見ている者の気持ちを奮い立たせることができるか、痛感した経験はない。

石島や越川の成長、ベテランの力も。

 もちろん「あきらめない」という精神論だけで全日本男子が勝てたわけではない。

 セッターの宇佐美大輔は「越川(優)のバックアタックで確実に得点できると思っていた」と語り、同じくセッターの朝長孝介は「石島(雄介)を生かせば必ずオリンピックに行ける」と、絶対的な自信を持てる攻撃を練習の中で育んでいた。2004年のOQT時には、エースとして攻撃の多くを担っていた山本隆弘は、石島、越川といった得点能力の高い若手の台頭と、精神的な支柱ともなった荻野というアタッカーの存在によって、ここぞという場面で冷静沈着に攻撃できているように見えた。積み重ねた練習で自信を深め、すべてのメンバーの力で作り上げた勝利だと思った。

 そういった努力のすべてが、見ている人の心を動かし、負け犬根性が染みついた筆者の心を変えたのである。

【次ページ】 バレー界に貢献する北京メンバー。

BACK 1 2 3 4 NEXT
植田辰哉
荻野正二
山本隆弘
宇佐美大輔
朝長孝介
石島雄介
越川優
山村宏太
津曲勝利
北京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ