バレーボールPRESSBACK NUMBER

Vリーグ界きってのスーパーサブ。
遅咲き鈴木悠二の武器と新たな挑戦。

posted2020/04/24 11:00

 
Vリーグ界きってのスーパーサブ。遅咲き鈴木悠二の武器と新たな挑戦。<Number Web> photograph by TORAY ARROWS

Vリーグ「スーパーサブ部門」の1位に選出された鈴木悠二(18番)。最大の武器は磨き続けたジャンプサーブだ。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

TORAY ARROWS

「“継続は力なり”って、まさにあいつのことですね」

 バレーボールのV.LEAGUE DIVISION1に所属する東レアローズ(男子)の篠田歩監督は、こう話していたことがある。

“あいつ”とは、東レでこの春12年目を迎えた鈴木悠二のこと。

 周りに左右されることなく、どんな立場にあっても腐らず、いつも変わらずコツコツと努力を積み重ねてきた33歳。その姿を周囲はずっと見てきたから、2019/20シーズン終了後に行われたVリーグ機構による選手間投票で、鈴木が「スーパーサブ部門」の1位に選ばれたことに、東レのスタッフもチームメイトも喜んだ。

あれだけミスしない選手はいない。

 鈴木の武器はジャンプサーブである。選手間投票の選出コメントには、「常に強力で安定したサーブを入れられる」、「大事な場面でも確実に仕事をこなす」といった称賛の声が並んだ。

 篠田監督も以前、「ジャンプサーブであれだけミスしない選手はいない」と語っていた。

 助走からフワッと軽やかに跳び上がると、「ヨッ」という掛け声とともに鋭いサーブがサイドライン際や、レシーバーの間に突き刺さる。

 その土台ができたのは東レでの1年目。当時、秋山央監督(現・筑波大学男子バレーボール部監督)に言われた言葉が転機になった。

「1年目のリーグ中に、秋山さんに『悠二はサーブがいいけど、ピンサ(リリーフサーバー)で出さないのは、ああいう場面でサーブを打つということがすごいことだから。もっと練習しなきゃダメだぞ』と言われました」

 その時、秋山監督が例に挙げたのが、かつてサントリーサンバーズを前人未到のリーグ5連覇に導いたブラジル出身のオポジット、ジルソン・ベルナルドだった。

「ジルソン選手はサーブのトス練を1時間した、という話をされて、『お前もやんなきゃ、出れないよ』と言われました。それから、僕もトス練を始めました」

【次ページ】 オフの日も繰り返したトス練。

1 2 3 4 NEXT
鈴木悠二
東レアローズ
篠田歩
秋山央
ジルソン・ベルナルド

バレーボールの前後のコラム

ページトップ