テニスPRESSBACK NUMBER

フェデラーvs.同世代ロディック。
ウィンブルドン決勝の切ない結末。

posted2020/04/15 11:30

 
フェデラーvs.同世代ロディック。ウィンブルドン決勝の切ない結末。<Number Web> photograph by Getty Images

4時間を超える激闘の末、たたえ合うフェデラーとロディック。絶対王者と同世代だったテニス人生、様々な感情が絡みあっただろう。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Getty Images

『Sports Graphic Number』は創刊1000号を迎えました。それを記念してNumberWebでも執筆ライター陣に「私にとっての1番」を挙げてもらう企画を掲載します! 今回は国内外のテニス取材、執筆を手掛ける山口奈緒美氏。同氏が挙げたのは2009年ウィンブルドン選手権決勝、フェデラーvs.ロディックの一戦です。

 ウィンブルドンのクラブハウス内、センターコートへと出る通路の壁に記されている一文のことは、少なくともテニス通の間ではよく知られる。

“IF YOU CAN MEET WITH TRIUMPH AND DISASTER AND TREAT THOSE TWO IMPOSTORS JUST THE SAME”

――君がもし栄光と災厄に遭遇し得て、この2つの曲者をまったく同じように扱うことができたなら――

 これは1907年にノーベル文学賞を受賞したイギリスの詩人ラッドヤード・キプリングの『IF』という詩の一部。詩には12の『If(もし)』が綴られ、最後に「この世とそのすべては君のもの。そして、君は一人前になる」と続く。

 2008年のウィンブルドンでは、BBCの企画でロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルが全編を朗読し、100年も前の詩が現代に蘇った。

センターコートに向かう直前の訓示。

 人としての品格を示すひとつひとつの「もし」は今の時代も胸に響き、前述の一節がウィンブルドンを居場所としたとき、「栄光と災厄」は「勝利と敗北」という具体的な事象となる。このいたずらな2つの運命を、まるで同じもののように受け入れることができたなら――。

 センターコートでプレーをする栄誉に浴する者は誰もが、この崇高な訓示の門をくぐって戦いの舞台へ向かうのだ。

 ファンがその意味を噛みしめようとするなら、それぞれに思い起こす伝説の一戦があるのではないだろうか。

 近年映画化もされた1980年のジョン・マッケンローとビヨン・ボルグの死闘かもしれないし、<テニス史上最高の試合>とも謳われる2008年のナダル対フェデラーかもしれない。

【次ページ】 二強に弾かれた男、ロディック。

1 2 3 4 NEXT
ロジャー・フェデラー
アンディ・ロディック

テニスの前後の記事

ページトップ