マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ピコピコハンマーは暴力ですか?
野球指導にユーモアを導入する方法。

posted2020/01/07 07:00

 
ピコピコハンマーは暴力ですか?野球指導にユーモアを導入する方法。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

野球に限らず、部活でのパワハラは問題になっている。ユーモアを導入する方法論は真剣に検討する価値があるテーマだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 シーズンオフの楽しみは、野球の人たちの集まりだ。

 オフの気楽さに、お酒も手伝っての放談が意外な「学び」の場になる。

 いやあ、今日は勉強になった! なんて、叫んで帰る人などいない。

 皆、意外とおだやかに、何事もなかったようなローテンションの中で、実はお腹の中で、シメシメ得した……そんな密かな“おみやげ”を携えてのご帰還となる。 

「暴力や暴言って、いったいどこからがそうなんですか?」

 大卒5年か6年か……まだ学生にも見える若い監督さんが、甲子園に5度も6度も出た指導者の方に訊いている。

 そう言われても困るよなぁとやんわり受け止めておいて、「生徒がそう感じたんなら暴力だし、暴言なんだろうよ」と、絶妙な回答で難問をいなしてみせた。

「正解」の存在しないこの命題に、間違いなく1つの回答ではあろう。しかし、そこから話が展開していかない。まったく、その通りだからだ。

ピコピコハンマーは暴力か。

 しばし沈黙のあとで、他の監督さんがこんな切り出し方をした。

「こんなこと言ったら、怒られるかもしれませんが……いいですか?」

 最初の質問者と同じぐらいの若い監督だ。この会には初めて参加するという。

「ビートたけしっているじゃないですか。テレビで、一緒に出演している人が変なことをしゃべったり、噛んだり、すべったりすると、足元からトンカチ持ち出して頭たたくんですよ」 

 叩くとピコンと音のする、プラスチックでできた「ピコピコハンマー」のことを言っている。

「私、考えたんですけど、練習の時にあれでピコン、ピコンやったら、それでも暴力になりますかねぇ」

 一瞬、ドッと笑い声が起こって、一気に座がなごむかと思ったら、逆にみんな引いてしまった。

「そんなこと言ってる場合じゃないだろう」

 最初の質問者の若い監督にたしなめられて、“ピコピコハンマー”の監督さんは小さくなってしまった。

「いいじゃないですか。ボクならすぐやってみるなぁ」

 ほんとにそう思ったので助け舟を出したのだが、ほかに乗ってくる人はいなかった。

【次ページ】 野球の現場にはユーモアがなかった。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高校野球の前後のコラム

ページトップ