JリーグPRESSBACK NUMBER

マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。
マリノスに降り注いだ拍手の正体。

posted2019/07/31 11:15

 
マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。マリノスに降り注いだ拍手の正体。<Number Web> photograph by Getty Images

マンチェスター・シティ相手にもスタイルを変えなかった横浜F・マリノス。1-3で敗れたが、緊張感のある好ゲームを演じた。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

 タイムアップの瞬間、日産スタジアムは6万5000人の大拍手に包まれた。この拍手を言葉にすると、「好ゲームをありがとう」になる。

 練習試合の90分が密度の濃い時間になったのは、横浜F・マリノスが素直に力を出し切ろうとしたからだ。

 マンチェスター・シティは最終ラインを大胆に押し上げ、敵を一気に押しつぶそうとする。対戦相手の多くは自陣を固めて嵐をやりすごそうとするが、横浜は違った。腹をくくってラインを押し上げ、中盤勝負に打って出た。

 横浜はJリーグの中でも、ポゼッション重視の攻撃的な試合運びを志向するが、この試合でもスタイルを曲げず、そのことが好ゲームを生んだ。

 互いの最終ラインが30メートルほどの間隔で対峙し、その中にフィールドプレイヤー20人がひしめく。こうなると一本のパス、もしくはひとつのミスが決定機につながる。Jリーグなら決定機が決まらないことも多いが、相手はプレミアリーグ王者。ピンチが即、致命傷となる。

J屈指の快速CBも「かなり疲れた」

 こうなると、片時も目が離せない。練習試合にもかかわらず、久々に「サッカー見てるなあ」という充実感があった。横浜やシティのファンはもちろん、サッカーにあまり興味がない人でも、面白いと思える90分だったと思う。

 見る側が目が離せなければ、プレーしている選手たちは当然、一瞬も気が抜けない。

 試合後、横浜のブラジル人CBチアゴ・マルチンスが「頭が疲れた」と語っていた。

「ラインを大きく押し上げているから、裏を突かれて全力で戻らなきゃいけない場面が何度もあって、フィジカル的にかなり疲れた。でも最初から最後まですべての瞬間、なにが起きるかわからないから、緊張感もあって、頭もかなり疲れたね」

 表情には充実感が浮かんでいたが、それは密度の濃い時間を過ごした実感があるからだろう。

【次ページ】 才能豊かな選手たちの綱渡り。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜F・マリノス
マンチェスター・シティ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ