JリーグPRESSBACK NUMBER

マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。
マリノスに降り注いだ拍手の正体。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/07/31 11:15

マンCに真っ向勝負を挑んだ90分。マリノスに降り注いだ拍手の正体。<Number Web> photograph by Getty Images

マンチェスター・シティ相手にもスタイルを変えなかった横浜F・マリノス。1-3で敗れたが、緊張感のある好ゲームを演じた。

シティの強さは“使い分け”。

 その理由はふたつある。

 無理に抜こうとすると、ボールを失うリスクが高まること。もうひとつは、後ろの味方のほうがフリー度が高く、広い視野を確保しているということだ。

 詰まったら後ろに下げて、CBが対角線上のウイングにロングパス。この展開からシティは、幾度となくチャンスを作った。

 高いラインへの対応策を彼らは心得ていて、無理もしないし、マジックに頼ることもない。才能に恵まれたプレイヤーたちが、理にかなったプレーをする。そしてチャンスになると、奔放な動きとアイデアを出し合ってゴールを攻略しようとする。

 こうしたプレーの使い分けも、シティの強さなのだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

横浜F・マリノス
マンチェスター・シティ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ