スポーツ百珍BACK NUMBER

レアル&バルサの主力化が若すぎる!
久保建英と安部裕葵が挑む難関。

posted2019/07/22 07:00

 
レアル&バルサの主力化が若すぎる!久保建英と安部裕葵が挑む難関。<Number Web> photograph by AFLO/Daisuke Nakashima

プレシーズンマッチで初陣を飾った久保建英と、バルサの日本遠征メンバーに入った安部裕葵。現在の主力の過去を振り返ると、そう若くはない。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

AFLO/Daisuke Nakashima

 日本サッカーも凄い時代になったものである。Bチームとはいえ、久保建英と安部裕葵という2人の日本人選手がラ・リーガの2大巨頭であるレアル・マドリーとバルセロナに所属しているのだから。

 思えば『キャプテン翼』の翼くんがバルサに、『シュート!』のトシがマドリーに加入したのは21世紀に入ってから。当時は漫画が現実になる日はいつ来るだろうかと読んでいたが、まさか2010年代に実現するとは思ってもみなかった。

 久保と安部の主戦場になると見られるBチームはセグンダB(3部リーグ)だが違うグループのため、早期の直接対決とはならなさそうだ。とはいえ在籍しているのだから、近い将来、クラシコで戦う可能性はゼロじゃない。もしそれが実現したら、日本サッカーに関わる人々にとって感無量だろう。

 そんな漫画を超えるような現実を、若き2人には描いてほしいものである。

ビッグネームの加入が当たり前の環境。

 と思いを馳せつつ、ふと考えたことがある。

 両クラブでは下部組織での競い合いはもちろん、毎年のように世界的なビッグネームが加入してくるなど過酷な生存競争が繰り広げられている。その難関を潜り抜けた現主力メンバーの台頭した年齢は、だいたいどれくらいなのだろうか。

 そこでリーガ、国王杯、CLを合わせて、初めて両クラブのトップチームで20試合以上出場したシーズンの成績、その開幕時の年齢をそれぞれ『Transfermarkt』を参考にチェック。それぞれ下部組織育ちの“生え抜き”だけでなく、他クラブから加入したビッグネームも調べてみた。

【次ページ】 ラモス、マルセロは19歳で定着。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レアル・マドリー
久保建英
ラウール・ゴンザレス
バルセロナ
安部裕葵
リオネル・メッシ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ