バレーボールPRESSBACK NUMBER

早稲田大の1年生・大塚達宣の選択。
Vリーグの誘いを断り、大学で伸びる。

posted2019/05/27 08:00

 
早稲田大の1年生・大塚達宣の選択。Vリーグの誘いを断り、大学で伸びる。<Number Web> photograph by Yuka Shibata

黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会では決勝T進出に貢献した早大・大塚達宣(左)。新人賞を獲得した。

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph by

Yuka Shibata

 背番号「18」のエースが躍動する。

 ただしそれはピッチャーマウンドではなく、体育館のコートの中。

 今年1月の春高バレーで高校日本一を成し遂げ、今春、早稲田大学に入学。えんじ色のユニフォームを着た大塚達宣は、実に楽しそうにプレーをしていた。

 世間が10連休に沸いた5月。1日から6日まで開催された黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会ではVリーグの堺ブレイザーズ、豊田合成トレフェルサに勝利し、予選グループ1位で決勝トーナメントへ進出。準々決勝で東レアローズに敗れはしたが、194cmの1年生エースは、前衛、後衛に関わらず積極的に攻撃を展開。

 さすがに4連戦目の準々決勝は脚が痙攣し、「体力不足です」と言いながらも、満面の笑みを浮かべていた。

「自分よりも上の相手、強い相手と戦えるのはめっちゃ楽しいです。コートにいると疲れは感じなかったんですけど、終わったら一気にドッと(笑)。立つのもしんどかったです」

「頭が賢い、プレーもクレバー」

 黒鷲旗を挟み、4月6日に開幕し、5月18日に閉幕した関東大学1部春季リーグは11戦全勝優勝。黒鷲旗に続いて新人賞も獲得した。

「やるからには、日本を背負う選手になりたい。そう思って早稲田大を選んだので、体力も筋力もプレーもすべて磨いて、1つずつ段階を踏んで、成長したいです」

 笑顔の先に広がる視界は良好だ。

 両親の影響で小学3年からバレーボールを始め、Vリーグのパナソニックパンサーズの下部組織であるパンサーズジュニアで技を磨いた。中学時代から全国大会でも名を馳せ、春高も3年連続出場。1年時から洛南高校のエースとして存在感を発揮しただけでなく、試合後のコメントも相手に対する分析もいつも的確だった。

 全国大会出場に向け京都代表の座を争ったライバル校、東山高校の豊田充浩監督も「頭が賢いのはもちろん、プレーもクレバー。自分のことだけでなく、周りをどう活かすか、その中で自分がどう活きるかを考えられる選手」と大塚を称賛した。

【次ページ】 早大進学を選んだ理由。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大塚達宣
早稲田大学

バレーボールの前後のコラム

ページトップ