Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

大阪桐蔭時代のライバル投手が贈る、
「背番号1」藤浪晋太郎へのエール。 

text by

谷川良介

谷川良介Ryosuke Tanikawa

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/05/04 08:00

大阪桐蔭時代のライバル投手が贈る、「背番号1」藤浪晋太郎へのエール。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

藤浪晋太郎、澤田圭佑の2人に次ぐ存在だった平尾奎太。社会人野球でその実力を磨く日々だ。

入学後から肩慣らし程度の藤浪。

 中学の3年間一度も会うことはなかったが、言葉にせずとも思いは同じだった。

 一緒に甲子園に行こう――。

 全国から実力者が集う強豪校とあって、大阪桐蔭入学後は驚きの連続だった。

「中学の軟式野球部上がりは自分だけだったので、不安のほうが大きかった。今、オリックスにいる澤田(圭佑)やもう一人、岩田(佳樹)という、高校生とは思えないほど完成されていたピッチャーもいたり、すごいやつがゴロゴロいました」

 顔合わせのキャッチボールでさえ、ビュンビュンとすごい球が行き交う。我こそはと、監督や仲間たちにアピールをする。そんな強者たちに負けじと、平尾も慣れない硬式ボールを全力で放る。

 その中で一人、異質な選手がいた。

「ふと遠くを見ると、藤浪がゆっくりと肩慣らし程度にボールを投げていたんです。誰もが力む状況で、ですよ。あいつ余裕やな、やる気ないんかなって思いました」

寮で同部屋になった平尾と藤浪。

 平尾と藤浪とは2年生から寮で同部屋となった。

「部屋ではたわいもない話もしましたし、比較的リラックスして過ごしていた。納得いくまでやり続けるという点でいえば、澤田の方がストイックだったと思います。でも、藤浪は自由時間にふといなくなるときがあるんです。あとで聞くと大抵、自主練。自分もやらなければと刺激になりました」

 平尾は次第に藤浪の行動を目で追うようになる。タオルを使ったシャドーピッチングも、パチンと背中に当たるまで腕を振り切るのを見て真似をした。しっかり体を休めることも見習った。

 ピッチャー同士を同室にすることは少ないというが、西谷浩一監督は、まだ荒削りな2人が切磋琢磨することを期待していたのだろうか。藤浪は2年生でエースにまで成長した。

 新チームが発足した2年秋。平尾も藤浪、澤田に次ぐ3番手に昇格。背番号も18から11に変わった。甲子園への気持ちは自ずと高まっていた。

【次ページ】 平尾に襲いかかった腎臓の難病。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
藤浪晋太郎
澤田圭佑
平尾奎太
大阪桐蔭高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ