Number PLAYBACKBACK NUMBER

大阪桐蔭時代のライバル投手が贈る、
「背番号1」藤浪晋太郎へのエール。

posted2019/05/04 08:00

 
大阪桐蔭時代のライバル投手が贈る、「背番号1」藤浪晋太郎へのエール。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

藤浪晋太郎、澤田圭佑の2人に次ぐ存在だった平尾奎太。社会人野球でその実力を磨く日々だ。

text by

谷川良介

谷川良介Ryosuke Tanikawa

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 2012年夏、大阪桐蔭初の春夏連覇の立役者となった藤浪晋太郎の投球を、ベンチで見つめるチームメイトがいた。彼の名は平尾奎太。藤浪、澤田圭佑に次ぐ3人目の投手は、病を抱えながら甲子園のベンチ入りを果たしていた。

 6年後のいま、社会人野球で復活を遂げようとする平尾が、今も追いかけるライバル・藤浪の姿を静かに語り始めた。

 Number959号(2018年8月16日発売)の特集を全文掲載します。

 2012年8月23日、第94回夏の甲子園決勝。史上7校目となる春夏連覇を目の前にした藤浪晋太郎は、いつもと変わらぬ表情でマウンドに立っていた。

 3-0で迎えた9回表、2アウト。対する光星学院(現・八戸学院光星)の大杉諒暢を淡々と追い込むと、ふっ、とひとつ息をついた。藤浪が投じた127球目は152kmのストレート。空振り三振。4万6000人が沸き立つ中で、197cmの長身はひときわ存在感を放っていた。

 そんな背番号1の姿をベンチから見つめる選手がいた。平尾奎太。のちに社会人野球のHonda鈴鹿のエースとして活躍する、188cmの大型左腕。今年のドラフト注目株の一人でもある。

 この年の春の選抜大会決勝でも両校は相まみえている。

 藤浪は勝利をもぎ取るも、好打者が揃う光星学院に12本ものヒットを許した。だが、この夏の再戦ではキーマンとなる4番・北條史也(現・阪神)を序盤で3球三振に打ち取るなど、リベンジに燃える相手を寄せ付けず、2安打完封。夏の甲子園決勝史上最多タイとなる14三振を奪う、最後まで隙を見せない完璧な投球だった。

「平尾よりもでかいやつおるで」

 平尾は同学年のライバルとして、藤浪の力投を素直に褒め称えた。「夏の決勝では田村(龍弘、現・千葉ロッテ)と北條から2個ずつ三振を取っていました。あの2人は同じ大阪出身なので、互いを知る間柄。余計に力んでしまう状況でも、堂々と投げていました。最後の一球までボールが強かった」

 藤浪と平尾の出会いは12歳。小学校最後の大会の開会式。初戦で戦う相手を探していると、頭ひとつ飛び出た選手を見つけた。

「当時、身長が175cmぐらいあったので自分より大きい同級生に会ったことはなかった。『平尾よりもでかいやつおるで』と言われて驚きました」

 小6で180cm。しかも、自分と同じキャプテン・4番・ピッチャー。意識しないはずがなかった。

 藤浪は大阪泉北ボーイズへ、平尾は地元の中学野球部へ進んだ。再会は岸和田市にあるスポーツジム。偶然にもそのジムの上にあった同じスポーツ外科に通っていたことで、ともに高校でチームメイトになることを知る。

「ルームランナーに乗りながら、『久しぶりやな』と会話しました。向こうも最後の大会で戦ったので覚えていたみたいです。藤浪は後々、試合のビデオを見直したらしく、『小6であのデカさは反則やな』って。いや、お前のほうがデカいやん(笑)と」

【次ページ】 入学後から肩慣らし程度の藤浪。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤浪晋太郎
澤田圭佑
平尾奎太
大阪桐蔭高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ