話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

相手の研究が進化するミシャ2年目。
札幌はこの宿命をどう解決するか。

posted2019/02/26 10:30

 
相手の研究が進化するミシャ2年目。札幌はこの宿命をどう解決するか。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

ミシャ2年目の公式戦第1戦は走る湘南相手に屈した。だからといってそのスタイルを崩すことはないだろう。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 湘南ベルマーレと北海道コンサドーレ札幌という明確なスタイルを持つチーム同士の対決は、Jリーグ開幕に相応しい注目の好カードになり、1万3249人のファンを集めた。

 激しく競り合い、ゴールを狙い合う試合展開が予想されたが、終わってみれば湘南が武富孝介の2ゴールによる2-0で完封勝ちを収めた。

 試合後、「ミシャ」ことミハイロ・ペトロヴィッチ監督は少々浮かない表情を浮かべ、ベンチから一度も後ろを振り返ることなく、2、3度両手を叩きながらロッカーに戻った。

「前半はチャンスを多く作れたが後半は相手のハイプレスに戸惑い、ビルドアップがうまくいかなくなった。怖がって蹴ってしまい、セカンドボールを拾えなくて苦しい展開になった。痛い敗戦だ」

 会見で試合をそう振り返った。

右サイドは機能しなかった。

 ミシャは前半の攻撃は良かったと総括していたが、まだ昨年の好調時ほどの迫力は感じられなかった。

 チャンスを作っていたのは左サイドだった。アウトサイドの菅大輝、シャドーのチャナティップにFWジェイが連係したり、相手陣内の深い所に食い込んでいくシーンが生まれた。これは昨年から継続した崩しだ。

 前半38分、チャナティップがボックス内に入ってきた菅に縦パスを送り、菅が奥深いところで受けて切り込んだシーンは、この日一番の崩しだったと言える。

 一方で、右サイドは機能したとは言い切れない。新加入のアンデルソン・ロペスが右シャドーのポジションに入ったが、やや中途半端な動きだったのだ。

 一度引いてボールをもらいにいったり、より内側に入り込む。そうすれば右アウトサイドの早坂良太にスペースを空けたりできるのだが、ロペスは足元にボールをほしがり、スペースに動く意識が薄かった。その結果、ボールを受けても相手に厳しく寄せられ、強引に突破してもボールを奪われるケースが多く、突破した後のクロスの精度も低かった。

 ロペス自身もうまくいかない部分を感じていたようだ。

「最初の試合なので、まだまだでした。これから周囲の選手やチームのやり方について慣れてくれば徐々に良くなっていくと思う」

【次ページ】 湘南の戦略の前に後手を踏む。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

北海道コンサドーレ札幌
ミハイロ・ペトロヴィッチ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ