Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<トップランナーの心得>
和田毅「変わらないことの難しさ」 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2017/05/08 08:00

<トップランナーの心得>和田毅「変わらないことの難しさ」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa
日本復帰した昨季。15勝で最多勝を獲得すると、'17年は開幕戦のマウンドを託され、8回112球、5安打1失点に抑える好投で白星を挙げた。いまだ衰えを見せない左腕の内面に迫る。

 和田毅がまだ20代の半ばだった頃。

「地球って、なぜ回るのかなとか考えたりすることありませんか? 自転とか公転とかいう意味合いではなくて」と突然問いかけてきた。まるで哲学者の物言い。不意を食って二の句が継げない筆者を見ながら、若き日の和田はフフフッと笑っていた。

「えー、それ本当に僕でしたか? スミマセン、覚えてないです。そんなことを言っていたなんて、なんかヤな奴ですね(笑)」

 いや嫌味どころか、逆に和田の投手として、人間としての凄みを感じた。だから、約10年が経った今でも忘れられないのだ。

 疑問を持つから、常に考える。

 考えることは努力や成長の第一歩だ。

 最近もふとした日常でその顔を覗かせる。インタビューの日、グラウンドの片隅でポートレートの撮影を終えると、和田はカメラマンへ“取材”を始めていた。

「それ、どこのメーカーですか? じつは一眼レフカメラの購入を考えていて。さっき2台を使い分けていたじゃないですか。撮られながら、どう写り方が違うのかな、光の具合かな、そもそも変える理由は何だろう、と気になっていたんです」

 写れば何でもいいわけではない。質に拘る。衝動買いも好まない。吟味する。

 和田は「思考派」のピッチャーである。

 一番の武器はストレートだと自負するが、球速は140km前後だ。速球派とは呼べない。しかし技巧派でもない。

 考えを巡らす。準備にも余念がない。

 だから和田は、今でも松坂世代のトッププレーヤーであり続けられる。

 昨年は見事な復活劇だった。

 5年ぶりに米球界から復帰したシーズンで、いきなり15勝をマークして最多勝を獲得。一人で貯金を10個も作って最高勝率と、2つの投手タイトルに輝いた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

和田毅
福岡ソフトバンクホークス
松坂大輔

プロ野球の前後のコラム

ページトップ