JリーグPRESSBACK NUMBER

パスが来なくても裏を突く俊足FW。
松本山雅・前田大然はJ1で化けるか。
 

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph byHajime Tsukakoshi

posted2019/02/13 10:30

パスが来なくても裏を突く俊足FW。松本山雅・前田大然はJ1で化けるか。<Number Web> photograph by Hajime Tsukakoshi

前田大然は俊足を生かしたドリブル突破が持ち味。東京五輪世代としてJ1の舞台でどれだけアピールできるか。

ゴール前でのスプリントを。

 大宮戦の後半、距離感が修正されたことについてはこう説明する。

「比較的スペースが空いてくるので、より動きを見ようと心掛けていました。そこで、一本出せたな、というシーンがあったので、そこですね。そこを見逃さないようにしていきたいです」

 前田がどれだけゴール前へスプリントを繰り返せるか。その回数は1試合の中で多いに越したことはない。ただ守備面についても前田は「一瞬の隙で、J1はやられてしまう。そういったところは気を引き締めていかないと」とも話している。

 前田のスプリントの生かし方。それは松本がJ1で生き残るために肝心要なテーマとなる。

 反町監督は昨季、前田の特長について「スプリントなど推進力を、前に向かうだけでなく、プレスやプレスバックにも使える」ところだと言っていた。今季はそのパワーを、より前目の位置、ゴール前で使えるかが大切だ。それが松本の攻撃の迫力にも直結する。

J1残留へ求めたい“怖さ”。

 2015年に初めてJ1昇格した松本は、ほとんどインパクトを残せず、1年で再びJ2に降格している。当時を知る選手も少なくない。だからこそ現実的には、まずJ1残留を確定させることがノルマになる。

 そのために前田が求められる役回りとは――。

 面白い、楽しい。そこに「恐い」が加わってくることか。

 相手に脅威を与える存在。“もう、ほんっとうに大然とマッチアップするの大変だよ”とDFに思わせる存在になりたい。

 勝利のためにしっかり守備でハードワークすることを優先すべきか。それとも、得点するために前線の仕事にもう少し傾注すべきか。今季の前田はそんなバランスの葛藤を迫られるはずだ。

 ただ、前田はアタッカーだ。ゴールに挑む姿をより多く見せてもらいたい。

 前田が猪突猛進に突き進めば、松本にゴールの予感が漂い、サンプロアルウィンが大きな歓声とともに揺れるのだから。

【次ページ】 初J1でゴールの道筋を切り開く。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

前田大然
松本山雅FC
反町康治

Jリーグの前後のコラム

ページトップ