JリーグPRESSBACK NUMBER

パスが来なくても裏を突く俊足FW。
松本山雅・前田大然はJ1で化けるか。
 

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph byHajime Tsukakoshi

posted2019/02/13 10:30

パスが来なくても裏を突く俊足FW。松本山雅・前田大然はJ1で化けるか。<Number Web> photograph by Hajime Tsukakoshi

前田大然は俊足を生かしたドリブル突破が持ち味。東京五輪世代としてJ1の舞台でどれだけアピールできるか。

初J1でゴールの道筋を切り開く。

 山梨学院高から加入し、水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、昨季、松本の昇格に貢献。東京五輪世代の日本代表にも初めて選ばれた。「(森保一)監督が五輪とA代表を兼任している。それは大チャンスでもあります。まず松本で試合に出続けて結果を残すことです」と、日本代表への憧れは目標に変わった。

 いまや松本を代表する「顔」と言える存在になった。それは前田にとっての誇りでもある。

「早くこの舞台に立ちたいとずっと思っていました」

 そのJ1で、前田がゴールへの道筋を切り開く。そんなシーンを1つでも多く作り出して、いろんな意味で、さらに先へ突き抜けていってもらいたい。

 そのためにも、楽しくて、面白くて、恐い存在に。

 松本には、そんなちょっと危険なタレントが求められている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

前田大然
松本山雅FC
反町康治

Jリーグの前後のコラム

ページトップ