球道雑記BACK NUMBER

新コーチ陣、期待の若手、ドラ1……。
2019年の千葉ロッテはひと味違うぞ!

posted2018/12/29 11:30

 
新コーチ陣、期待の若手、ドラ1……。2019年の千葉ロッテはひと味違うぞ!<Number Web> photograph by Kyodo News

的場直樹コーチ、鳥越裕介コーチらと共に、本塁打を放った平沢を迎える井口監督。2019年は若手のさらなる活躍に期待したい!

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 毎年恒例、Number Web版“プロ野球・ゆく年くる年”企画は、全12球団の反省と期待を綴る短期集中連載シリーズ。今年もそれぞれの愛すべきチームについて、しっかりと2018年、そして2019年への思いを発表したいと思います。
 第3回は、功労者たるベテランの引退と有望な若手選手の台頭……と世代交代が一気に進んだ千葉ロッテマリーンズです!

 2万4532人の観客が試合の終了を待たずして、1人、また1人と席を立っていった。

 ゲームセットの声がかかった時点でもう3割近くは空席になっていただろうか。

 2018年10月7日、千葉ロッテがリーグ57年ぶりとなるホーム連敗記録まであと1つと迫った夜、筆者は多くのマリーンズファンの嘆き、悲しみ、怒りといった負の感情を背中に感じながら、球場最寄りの海浜幕張駅から電車に乗り込んだ。

 この日は千葉ロッテ・根元俊一の現役生活最後の試合、でもあった。

 本来ならホーム連敗という不名誉な記録から頭を切り離して、13年間に及ぶ根元の活躍を労いながら彼の思い出に浸りたい……そんな想いでチケットを購入したファンも多くいたことだろう。

 しかし、この日は序盤に大量得点を許したこともあって、開始早々から球場はどんよりとしたムードが漂っていた。

 打線も大した抵抗も出来ないまま試合が進んでいくと、ゲームセットと同時に怒りとも呆れともとれるため息とブーイングが球場中の至るところから漏れてきた。

目を真っ赤にしていた井口監督。

 さきの引退セレモニーが終わり、選手および首脳陣がベンチ裏へ引き揚げてくると真っ先に、筆者の目に飛び込んできたのは目を真っ赤に腫らした井口資仁監督の姿だった。

 根元の現役生活最後の姿に目頭が熱くなる……その感情だけではなかっただろう。

 なぜならこのときの井口監督の表情はやるせない怒りも混じっている、そんな風にも見えたからだ。

【次ページ】 3年を区切りに、井口監督を信じたい。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

根元俊一
井口資仁
荻野貴司
藤岡裕大
中村奨吾
鈴木大地
田村龍弘
井上晴哉
平沢大河
岩下大輝
土肥星也
種市篤暉
安田尚憲
香月一也
藤原恭大
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ