松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

パラ卓球で8連覇の吉田信一選手と
球を打ち合い、松岡修造が驚いた!

posted2018/12/03 07:00

 
パラ卓球で8連覇の吉田信一選手と球を打ち合い、松岡修造が驚いた!<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

吉田選手は14度も日本一になっている車椅子卓球のレジェンド。トレードマークの金髪は、自分で染めているという。

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 2018年、冬。

 僕は韓国の平昌で、オリンピックとパラリンピックの取材をしました。

 さまざまな発見があり、感動がありましたが、中でも心に残っていることがあります。

 それは、オリンピックとパラリンピックの違いです。

 オリンピックは、メダルがかかった試合や決勝ラウンド、頂点を目指して繰り広げられる戦いの場において、大きな感動が生まれることが多かった。

 でも、パラリンピックはそうではありませんでした。

 1回戦でも、決勝戦でも、予選でも、敗者復活戦でも、そこで繰り広げられているスポーツの感動、という意味では、あまり変わらない。どのような戦いにも、どのような試技にも、大きな感動がありました。

 なぜ、そんな違いが生まれたのか。

 それは、大会に出場しているすべてのパラアスリートのみなさんの存在感が、とてつもなく大きかったからです。

 彼らは、この大舞台にたどり着いた時点で、すでにものすごく大きな壁を乗り越えてきています。そして、彼ら1人ひとりの人生のストーリーを知った時、「彼ら全員が勝者なんだ!」と感じたのです。

 彼らはみんな、本当にすごい──ただただ、その事実に心が震え、感動したんです。

 今回からNumber Webで、パラアスリートにじっくりとお話をうかがう連載を始めることになりました。

 この企画を通じて、パラアスリートたちの人生を知りたい、そしてみなさんにお伝えしたいと思っています。彼らが紡いできた物語を、乗り越えてきた壁の大きさを知っていただくことで、みなさんのパラリンピックへの思いはより強くなるはずです。僕の役割、僕の使命は、パラアスリートの思いをできるだけ深く、できるだけ沢山の方に知っていただくこと。

 素直な気持ちで、どんどん聞いていきたい。そう意気込んでいます。

 記念すべき第1回のお相手は、吉田信一さん。

 車椅子卓球のクラス3で8年連続、しかも通算で14度も日本一となり、リオパラリンピックに日本代表として出場した、国内の第一人者です。

 吉田さんは今52歳。僕と年齢があまり離れていない。どんな人なんだろう──。

吉田信一(よしだしんいち)

1965年12月13日福島県生まれ。高校時代にバイク事故で車椅子生活となる。1994年に車椅子卓球を始め、6年後に上京、これまで車椅子卓球のクラス3で通算14度の日本一に輝く(現在8連覇中)。2016年リオ・パラリンピックに出場。2020東京パラリンピックへの出場を目指し、日々練習に励んでいる。NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)勤務。

【次ページ】 吉田選手の練習場を訪問!

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉田信一
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ