Jをめぐる冒険BACK NUMBER

平山相太33歳、大学生になる。
満身創痍での引退と指導者への夢。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph bySatoshi Shigeno

posted2018/11/29 11:30

平山相太33歳、大学生になる。満身創痍での引退と指導者への夢。<Number Web> photograph by Satoshi Shigeno

引退後、仙台大学の学生となった平山相太。授業の合間を縫ってインタビューに答えてくれた。

10歳以上年下の学生たちと。

 特に興味をひかれたのは、スポーツ心理学だったという。

「ハイパフォーマンスのときのメンタルだったり、パフォーマンスが落ちたときのメンタルコントロールの仕方だったり、どツボにハマっていくパターンとかを教わって。自分のプロ生活を振り返って、こういうのを知っていればよかったなって」

 平山は今年33歳だから、10歳以上年下の学生たちと一緒に授業を受けている。そんな環境も新鮮で、刺激がある。

「今の子たちって距離感が近いというか、全然壁を作らないですよ。こっちの出方次第で、仲良くなれますね」

授業後はBチームのコーチに。

 授業を終えると、“学生・平山相太”は“指導者・平山相太”に変わる。平山は今、仙台大学サッカー部Bチームのアシスタントコーチを務めているのだ。

「自分がプレーすることは、ないですね。足が痛いんで。コーチとして、ピッチに立ってます。教えるのはやっぱり難しい。どこまで教えていいのか分からなくて、プレーするほうが絶対に楽です。でも、7月と9月にB級ライセンスの講習があって、B級は育成年代がメイン。そこで学んだ指導方法を、そのまま実践しているんです」

 そんな話を聞いていたところで、インタビュー前半戦はタイムアップ。平山が授業に出るためだ。このあと、ブラジル・ワールドカップの開幕戦でも笛を吹いた国際審判員の西村雄一さんを招いた講義が始まるという。

 平山には、まだまだ聞きたいことがあった。

 同世代の選手たちの集大成となったロシア・ワールドカップを、どのような想いで見ていたのか。

 そしてなぜ、世代のトップランナーだった平山は、彼らに追い抜かれてしまったのか……。

後編に続く)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

平山相太
仙台大学
FC東京
ベガルタ仙台

Jリーグの前後のコラム

ページトップ