終われない男の対談集BACK NUMBER

鏑木毅と宮坂学の共通点は“冒険心”。
人生100年なら、50歳で何をする?

posted2018/11/25 09:00

 
鏑木毅と宮坂学の共通点は“冒険心”。人生100年なら、50歳で何をする?<Number Web> photograph by Shin Hamada

50歳を迎えても、彼らはなお新しい世界に踏み込む事をまったくためらってはいない。

text by

礒村真介

礒村真介Isomura Shinsuke

PROFILE

photograph by

Shin Hamada

 ヤフーの社長に44歳の若さで就任し、2018年1月に社長交代が発表された宮坂学(51)。現在は同社の会長職を務めつつ、ブロックチェーンやMaaS(次世代交通サービス)などに取り組む新会社「Zコーポレーション」の代表取締役として新たなビジネスをスタートさせている。

 その宮坂の趣味はマラソンやバックカントリースノーボード、自転車と、アウトドアスポーツにどっぷりはまっている。

 トレイルランニングにも10年ほど取り組んでいるという宮坂にとって、今回初対談となるトレイルランニング界のレジェンド・鏑木毅(50)は、「憧れの存在だった」という。山とスポーツという共通項を持ち、「人生100年時代」の折り返し点に立った2人の、「後半戦」への意気込みとは。

鏑木 社長から退いたとしても、まだまだお忙しいんじゃないですか?

宮坂 そうでもないんですよ。ただ、ヤフーの社長だったころに比べたら、夜はぐっすりと寝られるようになりました。以前は睡眠の質が落ちたのは「年齢のせいかな?」と思っていたのですが、気を張っていたからという側面が強かったようです。

鏑木 僕も自分が運営に関わるトレイルランの大会の前は、準備の進捗や心配ごとばかりが頭に浮かんできて、あまりよく寝られません。

宮坂 2012年に、鏑木さんが実行委員長をされている日本初の国際100マイルレース「UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)」が始まりましたよね。160kmものルート、それも山道をつなぐレースを国内で立ち上げるのは本当に大変なことだと想像します。よく開催できたなあと。

鏑木 熱い想いをもったスタッフに恵まれたんです。その分、個性的なメンバーが多く、まとめるのが大変でしたが、自分は目標を掲げて皆を引っ張るというより、調整をするタイプのリーダーなので、それがよかったのかもしれません。

100マイルのトレランが「やり残し」。

宮坂 UTMF以前と以後で、日本のトレイルランニングシーンは大きく変わったのではないでしょうか。マラソンで言えば東京マラソン以前、以後のように。

鏑木 当時の僕にも、まさにトレラン界の東京マラソンにしたい、というイメージがあり、どうしてもこの100マイルレースを作り、成功させなくてはという信念がありました。

宮坂 実は僕も第1回大会にエントリーしていたんです。実質的には国内初の100マイルレースで、まだ誰も参加したことがないから事前の情報がいっさいない。だからこその特別な面白さがありました。

 コース、装備、ペース配分、ほとんどの参加者が暗中模索状況だったじゃないですか? あれはワクワクしました。でも、その年のはじめに6月から社長に就任することが決まり、自重して参加を見送りました。ただレース当日は、河口湖まで観戦しには行ったんですけれど。

鏑木 そうだったんですか! 私も今まで6回開催して、第1回大会のときのドキドキと感動が一番大きかったですね。

宮坂 よく「社長にならないと見れない景色やモノがある」と言いますが、一方で失ったこともあるんです。そのうちのひとつが「UTMF」で。50代に足を踏み入れたいま、100マイルのトレイルランニングレースへの挑戦は早めに片づけておきたい「やり残したこと」です。

鏑木 ぜひ改めて挑戦してください。まだまだ身体は動きそうですから、100マイルレースへ挑戦するのはちっとも遅くないです。先ほどおっしゃった社長の座と同様に、100マイルを走る前と後ではものごとの見え方が違いますから。

【次ページ】 「ハセツネ」を巡る2人の秘話。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鏑木毅
宮坂学

陸上の前後のコラム

ページトップ