Number PLAYBACKBACK NUMBER

ミラクル金足農業が34年前に
桑田真澄を追い詰めた夏。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byKatsuro Okazawa

posted2018/08/17 17:30

ミラクル金足農業が34年前に桑田真澄を追い詰めた夏。<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa

1984年の夏、甲子園での桑田真澄。この夏、PL学園は決勝で取手二に負けて準優勝に終わっている。

もしかしたらPLが負けるかも……。

 6回に1点を取られるが、勝ち越しは許さず、7回表、勝ち越し点をあげて再びリードを奪う。球場の雰囲気が変わってきた。

「マウンドにいるとどよめきが違うんです。もしかしてPLが負けるんじゃないかと観客の人も思いはじめている感じでした」

 当然そうした空気は選手にも伝わる。勝てるかもしれない。8回裏、1死後、水沢は4番の清原を歩かせてしまう。

「怖がったんじゃないんです。ぼくは清原より桑田のほうがいやだった。打席でなにをしてくるかわからない。桑田の前に走者を出したらイヤだなと思ってはいました」

桑田が放った逆転の本塁打。

 その「イヤだな」の気持ちが四球につながったのかもしれない。走者を置いて桑田。前の打席は外のカーブで内野ゴロを打たせている。

 初球は外にストレート。2球目にカーブ。捕手の長谷川はボールゾーンにミットを構えた。絶対に甘く入ってはいけない球。

 だが、水沢が投げた2球目は、きちんと変化を付け切れずに、真ん中寄りに落ちていった。桑田は見逃さなかった。金属音が響くと、打球はレフトポールのはるか上を超えていった。

「打球より審判の腕を見ました。あたりがすごいのはわかった。あとは入ったかどうかだけ。腕が回っていました」

 監督の嶋崎は三塁側ベンチなので、打球の行方がよく見えなかった。

「ポールが今よりかなり低かった。今ならポールか横についているネットに当たっていたかもしれません。ともかく、水沢があんなあたりを打たれたのはあの1球だけですね」

【次ページ】 すさまじかった桑田の投球。

BACK 1 2 3 4 NEXT
金足農業高校
PL学園高校
水沢博文
嶋崎久美
長谷川寿
桑田真澄
清原和博

高校野球の前後のコラム

ページトップ