マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

根尾昂と同じ野球&スキー二刀流。
上村和裕スカウトの根尾評が深い。

posted2018/08/17 20:00

 
根尾昂と同じ野球&スキー二刀流。上村和裕スカウトの根尾評が深い。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

投手として、打者としての評価が目立ちがちだが根尾昂はフィールディングも一流なのだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 夏の甲子園100回大会・第9日、大阪桐蔭高・根尾昂が沖学園戦の7回に高校通算28本目の本塁打を放ってみせた。

 先発でマウンドに上がったこの試合、ピッチングのほうは「快刀乱麻」というわけにはいかなかった。

 6回表まで沖学園に3-3と食い下がられ、その裏、自分でセンター前に弾き返して突破口を作って奪った4点のリード。

 ホッとひと息つけて、肩の余分な力も抜けたのか。

 1回戦からそうやって打てばいいんだよ……。

 思わずつぶやいてしまったほど、力みとか気負いとかそういう“雑味”の抜けた、伸びやかでちょうどよい力の入れ具合のフルスイング。打球は、目で追うのがつらいほどのスピードのライナーで、バックスクリーンに突き刺さった。

 すごい打球だった。

 8回の藤原恭大のレフトスタンドへの一撃もすばらしかったが、私が根尾昂のプレーを見ていて思いだすのが、これだけすばらしいスイングができ、すばらしいホームランを打ち、その上、145キロ前後の快速球とプロ級のスライダーを投げ分けてみせる彼が、中学の半分は競技スキーに打ち込んでいたということだ。

 おおかたの高校球児たちが、中学3年間のほとんどを野球だけに専念してきた中で、ほぼ半分近くの時間を別のスポーツに取り組んできた根尾昂。そんな彼が、大舞台でもこれだけのスーパープレーを体現してみせるから、よけいにすごい! と敬意すら表したくなるのだ。

スキーと野球の二刀流がスカウトにも。

 あまり知られていない話だと思うが、そんな根尾昂のプレーをネット裏から見つめるスカウトの中に、彼と同じ「スキー&野球二刀流」のスカウトがいる。

 根尾昂が飛騨の雪里の出身なら、オリックスバファローズ・上村和裕スカウトは、北海道の大雪原・滝川市で生まれ育った。

「高校は、小樽の北照に進んだんで、実家を離れたんですけど、中学までの冬は、もうベタでスキーでした。学校終われば、そのままスキー場に行って、北海道は冬休みが1カ月ありますから、スキー場に自分のスキーを預けておいて、リフトの“一番”から“最終”まで。中学の頃は、野球より一生懸命だったかもしれないですね」

【次ページ】 二刀流出身のスカウトならではの視点。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大阪桐蔭高校
根尾昂
上村和裕

高校野球の前後のコラム

ページトップ