野ボール横丁BACK NUMBER

吉田輝星はストレートだけじゃない。
横浜を倒した駆け引きと変化球。

posted2018/08/17 17:00

 
吉田輝星はストレートだけじゃない。横浜を倒した駆け引きと変化球。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

打者が目立つ大会の中で、唯一無二の存在感を放つ吉田輝星。ストレートだけではないこの投手、底が知れない。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 剛速球だけではない。次から次へと新しい引き出しを見せてくれる。

 金足農業のエース吉田輝星は、3回戦の横浜戦、甲子園では初めてとなる球種を披露した。試合前、こう語っていた。

「今日の相手は1、2回戦と違うピッチングをしないと勝てないので、スプリットとかスライダーを投げたい」

 これまで横に曲がるカットボールは投げていたが、スライダーは縦に落ちる。ただし、この日のスライダーは不調だったため、早々に、同じ軌道を持つカーブに切り替えた。スプリットは序盤から多投し、後半は3割近く投げていた。

 吉田の「3段階ストレート」はもはや代名詞のような存在になったが、名門・横浜に挑むにあたり「今日は最初から全開でいく」と公言。だが、その割に立ち上がりはなかなかスピードが乗ってこなかった。

「意識し過ぎて、力んでしまった。中盤は疲れて、集中力が切れた」

ステップを変え、球種を変え。

 そんな中、思いついたのが横幅61センチのプレートを自在に使うピッチングだ。

 甲子園の土は柔らかいため、投手が踏み出した方の足の部分が深く掘れやすい。他のピッチャーの「穴」とかぶることを嫌い、普段は真ん中を踏んで投げていたのだが、両サイドからも投げられるよう密かに練習していた。それを利用した。

「球種ごと、一塁側を踏んでツーシームを投げたり、三塁側を踏んでスライダーを放ったりしていた。右打者と、左打者によっても変えてました。対角線をうまく使って、いつもより曲がったように見えたと思う」

 マウンドの投手が足を踏み出す部分は凸凹になっている。そのため通常、投手は一定の場所を踏んで投げる。そうすれば、同じ「穴」を利用できるからだ。

 吉田のように投げるたびに踏む位置を変えると、そのたび違う「穴」に足を取られ、バランスを崩しやすい。しかし、それは「下半身(の力)でカバーした」という。

 リリース時の力強さを見ると、いかにも握力が強そうだが「40もない」と笑う。しかし、反復横跳などの瞬発系種目はほとんど最高点だという。

【次ページ】 打者の裏をかく変化球もお手の物。

1 2 NEXT
金足農業高校
吉田輝星

高校野球の前後のコラム

ページトップ