福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史「動きに重さを感じた」
終盤の展開を招いたミスと疲労度。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2018/06/29 17:00

福西崇史「動きに重さを感じた」終盤の展開を招いたミスと疲労度。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

柴崎岳、長友佑都は外せないキーマンとなっている。その一方で大会が進むごとに蓄積される疲労度を西野朗監督はどう判断するのか。

柴崎、長友の動きに重さを感じた。

 特に、3試合連続で出場したフィールドプレーヤーのコンディションの低下を感じました。ポーランド戦でもボランチに入った柴崎は前の2試合より動きが重かったし、運動量が持ち味の長友もオーバーラップの回数が少なかったですよね。

 ブラジルやフランスなどの優勝候補は決勝戦までの全7試合を見据えたコンディショニングをしています。その一方で日本はまずグループリーグを突破するため、3試合に全力を傾けてきた。出ずっぱりの選手のコンディションが落ちていくことは致し方ないところですが、ポーランド戦では結果的に香川、原口、本田らを温存できました。ここはポジティブにとらえていいのではないでしょうか。

 再び中3日で臨む決勝トーナメント1回戦ではベルギーと対戦します。前線はレバンドフスキ以上にフィジカルが強いルカク、ドリブルで仕掛けられるエデン・アザールや正確なパスで操るデブライネ、最終ラインもアルデルワイレルト、そして守護神にはクルトワ……とビッグクラブの主力クラスが各ポジションにいます。

 なおかつ2試合で決勝トーナメント進出を決めたこともあり、主力の数多くがイングランド戦で休養していました。昨年の欧州遠征ではスコアこそ0-1でしたが、内容的に完敗でしたし、実力差は否めません。

守備重視の展開となるだろうが……。

 日本としてはボール支配率を譲り、守備を重視する展開となるでしょう。ただ比較的フレッシュな状態の香川らをスタメンに戻すなどの策で、積極的なプレッシングとショートカウンターを仕掛けるチャンスを狙っていきたいところ。グループリーグ初戦のコロンビア戦と同じく、もう一度積極的な姿勢を臆せず出してほしい。

 決勝トーナメントでもう一度番狂わせを起こせば、ポーランド戦の最終盤でのボール回しも納得させられる。それくらいの気持ちを持ちつつ、まずは短い準備期間ですが心身ともに回復を図って欲しいと思います。

(構成:茂野聡士)

関連記事

BACK 1 2 3
福西崇史
柴崎岳
長友佑都
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ