オリンピックへの道BACK NUMBER

フィギュアの国際ルール改正へ。
“美しい”羽生結弦が断然有利に!? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/04/08 11:30

フィギュアの国際ルール改正へ。“美しい”羽生結弦が断然有利に!?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

『SEIMEI』で見せた、羽生結弦の妖艶でキレのある演技。単なるジャンプ以上のものを、羽生はファンに見せてくれた。

ルール変更で、羽生結弦有利になるかも!?

 羽生結弦のコーチであるブライアン・オーサー氏も昨秋、フィギュアスケートサイト『icenetwork』の記事で、30秒短くなることに関してこう語っている。

「あらゆるエレメンツを行ない、トランジションや振り付け、意味やまとまりに注意を払ったプログラムを行うには、より優れたスケーターにならなければなりません。ただ、トップスケーターであっても、フィジカル的にとても難しいことであるでしょう」

 新ルールでクリアすべき課題も出てくるが、いずれにしても、今回のルール改正ではオールラウンドに優れたスケーターにとって有利になることが予想される。

 そう考えると、新しいルールでより強みを発揮する選手として、現状では羽生結弦の名前が浮かぶ。

 例えば、平昌五輪のフリー『SEIMEI』の冒頭に跳んだ4回転サルコウは、+3ではおさまらない完璧なジャンプであったことを考えても、GOEが11段階に広がり、より詳細に出来栄えが評価されるのは有利にはたらく。

 限られた時間の中で、あらゆる技術をどのように磨いていくか――。

 それぞれの要素の完成度を高めながら偏りをなくし、トータルでレベルアップを図ることができるか。

 来シーズンからはそんなスタンスが求められていくことになるだろう。

2017-2018 フィギュアスケート銀盤の聖者たち。

Sports Graphic Number PLUS MAY 2018 VOL.7 SPECIAL EDITION

2017-2018 フィギュアスケート
銀盤の聖者たち。

 

関連記事

BACK 1 2 3
羽生結弦
ブライアン・オーサー
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ