沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

桜花賞にかかる「61年ぶりの偉業」。
無敗+2歳女王のライラック出陣。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2018/04/07 17:00

桜花賞にかかる「61年ぶりの偉業」。無敗+2歳女王のライラック出陣。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

圧倒的一番人気のラッキーライラックだが、陣営にとっても望んではいなかった最内の1枠1番。果たして結果は?

ウオッカ以上の末脚で勝ってきた。

 何より、新馬-アルテミスステークス-阪神ジュベナイルフィリーズ-チューリップ賞と4戦4勝で来た強さは飛び抜けている。

 どこからでも競馬ができるので、ペースや枠順に左右されない。また、牝馬らしからぬ安定した走りができることに加え、「武器比べ」となることの多いGIでは心強い「瞬発力」という大きな武器がある。

 阪神ジュベナイルで繰り出したラスト3ハロン33秒7の末脚は、コースが改修された2006年以降の勝ち馬の中で最速の上がりだった。つまりこの馬は、ウオッカやブエナビスタよりも鋭い末脚を発揮したのだ。

 馬場状態やペースで上がりは変わってくるので単純な比較はできないとはいえ、「絶対的な武器」であることは確かだ。

「牝馬のミキオ」と言われた松永調教師。

 管理する松永幹夫調教師は、騎手時代に制したJRA・GI6勝すべてが牝馬によるもので、「牝馬のミキオ」と言われた。調教師としてのGI勝利も同様で、レッドディザイアによる'09年秋華賞と、ラッキーライラックによる阪神ジュベナイルは、どちらも牝馬によるものだ。

 彼はまた騎手時代、5戦5勝のイソノルーブルで1991年の桜花賞に臨み、5着に敗れた苦い経験を持っている。

 ゲート入りする前に落鉄し、馬が暴れて蹄鉄を打ち直すことができないまま走って敗れた。「裸足の女王」と呼ばれたイソノルーブルは、次走のオークスを制し、雪辱を果たす。

 その後、'97年にキョウエイマーチ、'00年にチアズグレイスで桜花賞を勝ち、調教師としてレッドディザイアで'09年に2着になった彼は、桜花賞を戦うには、いかに馬の精神状態のケアが重要かを熟知している。

 騎手としても調教師としても桜花賞を勝てば、武田文吾、八木沢勝美、瀬戸口勉、本田優につづく5人目の偉業となる。

【次ページ】 内枠はデータでは不利だが……。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ラッキーライラック
ミスオンワード
松永幹夫

競馬の前後のコラム

ページトップ