沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ラスト3ハロン33秒2という“異常値”。
アーモンドアイが桜花賞でまず1冠。

posted2018/04/09 11:30

 
ラスト3ハロン33秒2という“異常値”。アーモンドアイが桜花賞でまず1冠。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ラッキーライラックの走りに目立つミスがあったわけではない。ただただアーモンドアイが強かった。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 突出した瞬発力を誇る美少女が、2歳女王による61年ぶりの偉業を阻止した。

 第78回桜花賞(4月8日、阪神芝外回り1600m、3歳牝馬GI)を制したのは、クリストフ・ルメールが手綱をとった2番人気のアーモンドアイ(父ロードカナロア、美浦・国枝栄厩舎)だった。61年ぶり、史上2頭目の「2歳女王による無敗での桜花賞制覇」を狙ったラッキーライラック(父オルフェーヴル、栗東・松永幹夫厩舎)は2着に敗れた。

 最後の直線で大逆転劇が起った。

 1番枠から出て先行した1番人気のラッキーライラックが、ラスト400m地点を過ぎたところで満を持して追い出された。

 歴史的名牝の誕生を確信した観衆のボルテージが上がった。しかし次の瞬間、歓声に驚嘆のどよめきがまじり出す。

 直線入口では先頭から7、8馬身離れた後方2番手にいたアーモンドアイが、大外から凄まじい脚で伸びてきたのだ。

 ラッキーライラックがラスト200m地点で先頭に立った。

 アーモンドアイはその3馬身ほど後ろにいたが、勢いの差は歴然としていた。ラスト100mほどのところで並ぶ間もなくかわすと、最後は流すようにして、ラッキーライラックに1馬身3/4差をつけてゴールした。

ルメール「瞬発力はアンビリーバブル」

 勝ちタイムは1分33秒1のレースレコード。厩舎の先輩で、2010年に牝馬三冠を制したアパパネの記録をコンマ2秒更新した。

 この勝利により、ルメールは武豊と蛯名正義につづく、史上3人目のJRA牝馬GI完全制覇(桜花賞、オークス、秋華賞、ヴィクトリアマイル、エリザベス女王杯、阪神ジュベナイルフィリーズ)を達成した。

「後ろから、直線ですごい脚を使ってくれました。直線では自分から走って、すごくバランスがよかった。瞬発力はアンビリーバブルでした。大人になってパワーアップしていた。自信はありました。距離だけが心配でした。スタートのあとスピードが乗らなかったですが、ラスト20mは素晴らしかった」

 一昨年はメジャーエンブレム、昨年はソウルスターリンクと断然人気の馬で敗れていただけに喜びも格別だったようだ。

【次ページ】 この末脚は、まだマックスではない。

1 2 3 NEXT
クリストフ・ルメール
アーモンドアイ

競馬の前後のコラム

ページトップ