フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

プロの舞踏家が語る女子フィギュア。
世界トップ選手達への評価が面白い。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2018/02/20 17:00

プロの舞踏家が語る女子フィギュア。世界トップ選手達への評価が面白い。<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

宝塚の田尾真理子に表現力を、吉田都にバレエの指導を受けた宮原の美しい演技。

ちょっと手厳しい評価? のザギトワ。

 さて、その彼らの具体的な評価である。

< アリーナ・ザギトワ『ドン・キホーテ』 >

A氏:動きがたくさんありすぎて、1つひとつの動きに終わりがない。派手ではあるが、1つひとつの動きに意味合いがない。

B氏:振付を詰め込みすぎていて、体のラインが美しく見えない。動きが雑で、意味不明な動作が多い。きちんと動きが完結しておらず、脚のラインを出す動きでは、きちんと伸ばすのではなく蹴り上げている印象。振付としても良い作品には思えない。

 このようにプロのダンサーから見るとかなり手厳しい評価である。さて、次は世界女王のメドベデワだ。

意外と美しく見えないメドベデワ!?

< エフゲニア・メドベデワ『アンナ・カレーニナ』 >

A氏:このプログラムを見ると、彼女の体のラインが美しく見えない。アンナ・カレーニナのかけらも見えない。足の上げ方が美しくなく、“アラベゴン(「真後ろに上げる正しいアラベスク」のポジションではなく、微妙に横に抜いてお尻が開いてしまっている状態)”に見える。これは『ドン・キホーテ』のザギトワも同じだった。

B氏:体のコントロールは良いが、脚がいまひとつ伸び切っていない。振付として見ると、忙しすぎて作品として訴えてくるものがない。ドラマチックに仕立てすぎ。足のポジションは、アラベスクなのかセコンド(アラベスクのバリエーションのひとつ)なのか、雑に見える。ダンスアーティストとして見ると、未完成。

 素人目には十分美しく見えるメドベデワも、ダンスのプロの目から見るとこのような欠点が目に付くという。モスクワの彼女たちのトレーニングリンクにはバレエ教室もついているはずなので、指導側はあくまで「スポーツ」であることを優先させたのだろうか。

【次ページ】 オズモンドは情熱的ではあるが……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
宮原知子
坂本花織
エフゲニア・メドベデワ
アリーナ・ザギトワ
ケイトリン・オズモンド
カロリーナ・コストナー
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ