フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

プロの舞踏家が語る女子フィギュア。
世界トップ選手達への評価が面白い。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2018/02/20 17:00

プロの舞踏家が語る女子フィギュア。世界トップ選手達への評価が面白い。<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

宝塚の田尾真理子に表現力を、吉田都にバレエの指導を受けた宮原の美しい演技。

オズモンドは情熱的ではあるが……。

< ケイトリン・オズモンド『ブラック・スワン』 >

A氏:いつもお尻を触っているように見えるのはフィギュア特有の手の位置なのか……。一見パワーがあるように見えるのに、それほどでもないのかも。好みの踊りではないが、うまく言えないけれど面白さはある。

B氏:体全体に比べて腕の動きが遅れている。腕と肩の動きがうまくつながっておらず、上半身が固く見える。ジャンプは高い。脚の伸ばし方にエネルギーが足りない。情熱的ではあるが、腕と肩、上半身と脚の動きがうまくコーディネイトされていない印象。ある種の面白さはある演技。

 オズモンドはバレエコーチについた、と語っていたが、やはり『ブラック・スワン』の腕の動きというのはそう簡単にマスターできるものではなさそうだ。

ダンサーとしてナンバーワンのコストナー。

< カロリーナ・コストナー『牧神の午後』(2018年欧州選手権のビデオ) >

A氏:振付、作品ということでいうと別格。ビデオのコメントでは衣装が邪魔になると言っているけれど、私は衣装もとても好きです。振付も良い、動きと音の質があっていると思う。一貫して(役としての)スタイルもある。動きも伸びがあって、背中から動いている。動きと動きの結び付け方が綺麗で、優雅。

B氏:脚がとても長いので、もう少し強い体幹が欲しい。ジャンプに高さが足りない。上半身と脚のつなぎに難がある。体のラインはきれい。コスチュームは良いと思う。1つひとつの動作のつなぎ方が美しい。振付もすごく良い。ただパワー不足なのでピラティスと、レッグプッシュをしたら良いと思う。音楽表現は素晴らしい。ダンサーとしてはこの中でナンバーワン。

 ダンサーとしてはナンバーワン。ただしパワー不足。とても納得できる意見だ。

【次ページ】 パワーを感じさせる坂本の演技。

BACK 1 2 3 4 NEXT
宮原知子
坂本花織
エフゲニア・メドベデワ
アリーナ・ザギトワ
ケイトリン・オズモンド
カロリーナ・コストナー
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ