スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

なぜ青木宣親はMLBで需要があるか。
車でも、試合中も欠かさない作業。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/06/15 07:30

なぜ青木宣親はMLBで需要があるか。車でも、試合中も欠かさない作業。<Number Web> photograph by AFLO

日米通算2000本安打は、アメリカでも大きく称えられた。彼が「仕事ができる選手」であることを誰もが知っているのだ。

「ノリ、投手に7球くらい投げさせてくれないか」

 メジャーリーガーとしては、体は小柄。そのせいか、いつもいつも「正当な評価」を得るために頑張り屋さんは戦ってきた。メジャーに移籍する時だって、ミルウォーキー・ブリュワーズへポスティングで入団したのに、入団テストみたいなことを課せられた。

 ヤクルト時代のヒットは1284本。メジャーに移ってからは717本(6月11日現在)。

 この数字は日本人メジャーリーガーで3番目に当たる(トップはイチローの3046本。2番目は松井秀喜の1253本)。メジャー6年目で5つの球団のユニフォームを着たが、青木のようなタイプの打者に需要があるのが分かる。

 その需要とはなにか? 私は打席での「インテリジェンス」だと思っている。

 たとえば、青木にはこんな「宿題」が課せられる時がある。

「相手投手の調子が良くて、球数が少ないまま、5回くらいまでウチは点が入らない時があります。そんな時に『ノリ、投手に7球くらい投げさせるように粘ってくれないか』って言われたことがありますね」

 そのとき、青木はその宿題を立派に果たしたが、結果は内野ゴロだった。

「でも、その時はダグアウトに戻った時に、ホメられましたよ(笑)」

 相手投手のリズムを崩したり、小技が利くのが青木の持ち味で、こうした打者をひとり抱えておくのはチームの武器になる。

アストロズは無駄な選手を獲らない。もちろん青木も。

 心強いのは、データを重視し、今季はアメリカン・リーグ西地区を独走するヒューストン・アストロズが青木を求めたということだ。最近の補強を見ると、アストロズは「ナンセンス」な選手獲得をしない。理詰めで考えた結果の補強だろう。

 アメリカのメディアの中には、今季のアストロズを過去の「最強チーム」と比較する記事も出始めた。シーズン100勝も夢ではない。そこで青木がどれだけの仕事が出来るかが、今後のキャリアにとっても大きい。

【次ページ】 毎年、夏になると青木の調子はグンと上がる。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

青木宣親
イチロー
松井秀喜
ヒューストン・アストロズ

MLBの前後のコラム

ページトップ