スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

世界7位で男子カーリングが平昌へ。
今大会の成績が五輪に直結する理由。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/04/11 08:00

世界7位で男子カーリングが平昌へ。今大会の成績が五輪に直結する理由。<Number Web> photograph by AFLO

スキップは、常にチームの命運を握って2つのストーンを投じる。両角友佑にかかるプレッシャーはただ事ではない。

スキップ・両角の成功率アップが必要。

 SC軽井沢としては、来年のオリンピックでは成功率80%台のチーム、スウェーデン、スコットランド(オリンピックではイギリス)、スイス、ノルウェーに対しては自軍の成功率を高め、ミスを誘発するようなゲーム・マネージメントをしていきたい。

 そして、なんといってもスキップの両角友佑の精度アップが求められる。両角の成功率は76%だった。

 スキップの精度を高めるために必要なのは、前3人がどれだけプラン通りのストーンを投げられるかにかかってくる面も大きいが、両角個人としてもなんとか80%台には乗せたいところだったはずだ。

 スキップが投げる2投は難度が高く、確率はどうしても落ちる。それでもカナダのグシュエは92%、スコットランドのマードックは84%の高確率を誇る。もしもスキップがミスをすれば、それを絶対に許してくれないのがトップカーラーの実力だ。

 来年のオリンピックでは両角友佑が、スーパーカーラーの仲間入りが出来れば、自ずと結果はついてくる。

 秋から、世界で行われる前哨戦が楽しみだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

両角友佑
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ