スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

今季のNBAには一見の価値がある。
カリー&カーが起こした「革命」とは? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/05/18 17:00

今季のNBAには一見の価値がある。カリー&カーが起こした「革命」とは?<Number Web> photograph by AFLO

バスケットボールに忠実であれ。バスケットボールに対する愛のため、ゲームに対する情熱のために。

ワン・オン・ワン偏重のトレンドが変わった。

 NBAは選手たちが力を証明するリーグである。かつては1対1、「ワン・オン・ワン」の勝負で試合の行方が決することも珍しくなかったし、ファンもそれを求めていた。

 しかし、ウォリアーズはこのトレンドを変えた。素早いパス回しによってフリーの選手を作り、得点力をアップさせる。もちろん、カリーやトンプソンのようなシューターがいるからこそ可能な戦略だが、このチームはグリーン、ハリソン・バーンズ、アンドレ・イグダーラら、他の選手たちも3ポイントを決める能力がある。

 フリーの選手が3ポイントを打つ瞬間の期待感、そして決まった時のエクスタシーといったら……。

 このワクワクする感じこそ、今のNBAがエキサイティングな理由である。

セルフィッシュな選手は、時代遅れになる。

 カリーはテクニックと正確性でスーパースターになった。

 スティーブ・カーは就任1年目でNBAを制し、2シーズン目でさらにチームを熟成させ、73勝というとてつもない勝利を積み上げた(シーズン序盤、腰の手術のためチームを離れていたが、その間はアシスタントのルーク・ウォールトンが素晴らしい仕事をした。彼は来季からレイカーズのヘッドコーチになる)。

 カーは戦略、そしてエンターテインメントの面で「革命」を起こしたのだ。そしていまや、このウォリアーズのスタイルがNBAのスタンダードになっている。

 カンファレンス・セミファイナルで敗れたものの、サンアントニオ・スパーズも同じような戦略を採用していた。アメリカの解説者の言葉を借りれば、

「ウォリアーズとスパーズは双子みたいなものだ」

 といったところだ。

「チーム」で戦うことが出来る集団が、勝ちを積み重ねる。

 2000年代はアレン・アイバーソンなど、自分から攻めるスタイルの選手が中核にいた。これから「セルフィッシュ」、わがままな選手は、時代遅れになるだろう。実力もさることながら、パスやスポットライトをシェアする感覚が重要になってくる。

【次ページ】 NBAファイナルで彼らの姿は見られるか。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ステフィン・カリー
スティーブ・カー
ゴールデンステイト・ウォリアーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ