スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

今季のNBAには一見の価値がある。
カリー&カーが起こした「革命」とは? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/05/18 17:00

今季のNBAには一見の価値がある。カリー&カーが起こした「革命」とは?<Number Web> photograph by AFLO

バスケットボールに忠実であれ。バスケットボールに対する愛のため、ゲームに対する情熱のために。

NBAファイナルで彼らの姿は見られるか。

 しかし、ウォリアーズはカンファレンス・ファイナルの第1戦、ホームでオクラホマシティ・サンダーに敗れた。

 サンダーもまた、得点能力に秀でたチームだ。ラッセル・ウェストブルック、ケビン・デュラントの2枚看板は、第1戦でそれぞれ27点、26点と活躍を見せた。ホームコート・アドバンテージを手にした今、サンダーは大きな番狂わせを起こすチャンスを手にしている。

 歴史的なシーズンをおくってきたウォリアーズに、大きな難題が降りかかった。

 さて、スティーブ・カー、ステファン・カリーはこの難局を打開することが出来るだろうか?

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ステフィン・カリー
スティーブ・カー
ゴールデンステイト・ウォリアーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ