マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

U-18W杯で見えた、球児たちの本質。
清宮、勝俣、平沢、オコエの“核”。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/09/11 10:50

U-18W杯で見えた、球児たちの本質。清宮、勝俣、平沢、オコエの“核”。<Number Web> photograph by Kyodo News

部活という枠を出たことで、選手達の新たな側面が見られたU-18W杯。甲子園とはまた違った魅力を見せてくれた。

16歳の打ち方じゃなかった。

 タイミングを外された二塁ゴロが2つ続いた第3打席だ。どれだけ呼び込んでフルスイングできるのか。そんな“修正”を想定して見ていた、たしか初球だった。

 145キロ前後の低目の速球に、清宮幸太郎がポンとバットを合わせた。

 トスバッティングのように見えた。そんなふうに見えたのに、痛烈なライナーになってセンター前に伸びたのだから、インパクトでしっかりシバけているのだ。

 16歳の打ち方、じゃなかった。

相手に勝とうとせず、自分の技術をMAXで出す。

 すごいと思ったのは、彼が「勝とう」としなかったことだ。過去2打席打ち取られた韓国投手陣に勝とうとして、渾身のフルスイング……それが凡人、つまり私の想定だった。

 その時の自分の調子の中から繰り出せるMAXの技術で相手に向き合えれば、それでよい。それが清宮幸太郎の発想。だから、彼の構えにはストレスがない。

 相手がどうだから……これがない。

 自分がその時にできるMAXで戦えば、必ずなんとかなる。

 そんな“悟り”を、16歳の彼はいったいどこで獲得してきたのか。底知れない少年である。彼にとっては、最高の夏だったはずだ。

 オレはやれる! そんな確信も間違いなく得た一方で、決勝戦のアメリカの左腕エース・ニコラスの「18.44m」の距離が半分ぐらいに感じる球持ちの良さには手が出なかった。

 145キロ前後のスピード、そして足元をついてくるタテの変化球。

 予選や甲子園で未体験だった難敵に対しては、さすがの彼の技術をもってしても追いつかなかった。

 多くの成功体験といくつかの課題。

 1年生の、すべてがこれからの彼にとっては、どちらも最高の収穫になったはずだ。

 おみやげと宿題を山ほど抱えて東京に戻っていく清宮幸太郎。

 果たしてこの先、秋、冬、そして明けて春。どんな“キヨミヤ”を構築していくのか。いちばん楽しみなのは、彼自身なのではないか。

【次ページ】 一番「すごい」と唸ったのは、勝俣翔貴。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
清宮幸太郎
勝俣翔貴
平沢大河
オコエ瑠偉

高校野球の前後の記事

ページトップ