野球善哉BACK NUMBER

前回大会の反省が活かされず……。
U-18野球W杯優勝に必要なものは?

posted2015/09/07 12:20

 
前回大会の反省が活かされず……。U-18野球W杯優勝に必要なものは?<Number Web> photograph by Kyodo News

大会3連覇を果たしたアメリカ代表と、負けて観客席に深々と礼をする日本代表。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 超えられない何か――。

 地元開催の地の利を生かし、U-18ワールドカップ初優勝を目指した高校日本代表だったが、結果は前回に引き続き準優勝に終わった。

 点差も同じ、相手も同じ――。

 予選2位だった前回と、ファーストラウンドもスーパーラウンドも全勝して1位で決勝を迎えた今回とでは立場こそ異なったとはいえ、それでも結果は同じだった。

「ほとんどの試合を大差で勝ってきて、決勝のアメリカ戦は接戦。今回は追われる身という中で、守りたい気持ちがあったのかもしれませんが、前回は逆の立場で1点差、今回も1点差。超えられない何かがあるんでしょうね」

 日本高校野球連盟の事務局長・竹中雅彦氏がそう言うと、指揮官の西谷浩一代表監督も「短い期間の中でしたけど、子どもたちは頑張りました。何が敗因かはわからないですけど、勝てていないから何かが足りていないということだと思います」と唇をかんだ。

なぜ負けたのか、分からない。

 超えられない何か。それが分からない限り、日本がアメリカに勝って優勝することはないだろう。

 厳しい言い方になってしまうが、正直“組織力”の違いを感じずにはいられない今大会の敗戦だった。

「結局、地の利があって勝ててきた部分があったんですけど、最後はその地の利を生かしきれなかったということでしょうね」

 そういったのは、主に投手コーチを務めた仲井宗基(八戸学院光星)だ。三塁のベースコーチを務めた島田達二(高知)とともに、西谷監督を支えた人物の一人だ。

 とにかく、仲井と島田の分析力は今大会で際立った成果を残していた。

 圧巻だったのはスーパーラウンド第2戦の韓国戦。この試合を制すれば決勝進出が決まるこの大事な一戦で、先発投手に上野翔太郎(中京大中京)を立てたことである。

【次ページ】 韓国戦を上野に任せた理由とは。

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西谷浩一
仲井宗基
島田達二
上野翔太郎
小笠原慎之介
高橋純平
佐藤世那

高校野球の前後のコラム

ページトップ