なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

逆境になればなるほど……なでしこ!
酷暑、日程の不利乗り越えベスト4。 

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph byFIFA/FIFA via Getty Images

posted2015/06/28 13:00

逆境になればなるほど……なでしこ!酷暑、日程の不利乗り越えベスト4。<Number Web> photograph by FIFA/FIFA via Getty Images

ゴールを決めて喜びの咆哮をあげる岩渕。ケガからの復帰直後にもかかわらず、明らかに今大会におけるラッキー・ガールとしての存在感を示し始めている。

「逆境になればなるほど強いのがなでしこの良さ」

 そして、この試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出された宇津木も、こう続ける。

「ピッチは本当に暑くて、足の裏の皮もかなり痛かった(笑)。でも、忍耐力があって、逆境になればなるほど強いのがなでしこの良さ。(決勝弾は、左CKのこぼれ球を宇津木がシュートし、こぼれ球を岩清水梓がつなぎ、最後は岩渕が詰めるカタチとなったが?)絶対に自分のところにこぼれてくるだろうなと思っていたし、シュートは詰まってしまいましたが、前に転がれば何かが起こると思っていました。終盤は自分たちもバテましたけど、試合のあとにチームメイトと話しても、みんな延長に行くような感じは無かったと言ってました。(この試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチになったことは?)そんな風には全然思っていません。ほかの10人のおかげです」

 宇津木の証言からは、酷暑という条件こそ両チームにとって同じだったものの、なでしこはオーストラリアよりも影響が少なかったということが分かる。

 守備でも、相手を上回る出足でセカンドボールを激しく追いかけていた宇津木たちは、警戒していたカウンターもキッチリ封じていた。

「速いカウンターは嫌だったが、蹴らせて対応するのか、それとも蹴らせないのか、その判断もうまくできていたと思う。カメルーン戦の失点がいい教訓になりました」(宇津木)

 攻撃では、今大会なでしこにとって7人目の得点者も生まれ、更なる弾みになっていた。

「また、違う選手がゴールを取ってくれた。それもケガから復帰したぶっちー(岩渕)だったのは、特に良かったです」(鮫島)

宮間「この先は、勢いが大事になる!」

 鮮やかな緑のピッチに、照り付ける太陽。そこに、黄色と緑のオージーカラーとジャパンブルーが流れる――。終盤には、オーストラリアが立て続けに長身選手を投入する展開となったが、正直に書くと、筆者は2006年ドイツW杯でのカイザースラウテルンのジーコ・ジャパンの敗戦が頭によぎった。だが、そんな心配も杞憂に終わった。

 連覇まで、残り2つ。

 主将の宮間あやは、今後の戦いについて「じっくり戦って、勝てる試合ではなくなってくる。この先は勢いが大事になる!」と話したが、なでしこにとっては終了間際の決勝弾で、まさに勢いの付く勝利となったのではないか。
 

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
佐々木則夫
岩渕真奈
鮫島彩
川澄奈穂美
大儀見優季
大野忍
宇津木瑠美

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ