セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

リッピ、ネドベド、ブッフォン――。
CLで12年前の再現を狙うユーベの魂。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/05/04 10:30

リッピ、ネドベド、ブッフォン――。CLで12年前の再現を狙うユーベの魂。<Number Web> photograph by AFLO

ここ数年は国内で無敵を誇りながらも、欧州の舞台では結果を出せずにいたユベントス。ドイツに奪われたCL出場枠を取り返す意味でも、国内の熱狂は大きい。

 イタリアの盟主ユベントスが、12年ぶりにCLセミファイナルの舞台へ帰ってきた。準決勝の相手は、昨年の王者レアル・マドリーだ。

 12年の間には屈辱のセリエB降格や、2季連続7位という低迷もあった。苦難もあった分、欧州4強の一角へ返り咲いた達成感は大きく、復活を遂げた名門ユーベの士気はすこぶる高い。

 12年前、'02-'03年シーズンの準決勝で対戦したレアルは、前年度の大会で9度目のCL優勝を果たし、連覇を狙う優勝候補だった。

 中盤にはMFジダンやMFフィーゴが居並び、FWラウールとFWロナウドが組む前線に欧州中のチームが怖れをなした。最終ラインで睨みを利かせていたのは、DFロベルト・カルロスとDFイエロ、そしてGKカシージャスだ。彼らこそ、現在に続く“銀河系軍団”の最初の完成形だった。

 ユベントスは敵地ベルナベウでの初戦を1-2で落とし、劣勢に立たされた。だが、彼らはトリノでの2ndレグで3-1の見事な逆転勝ちを収め、ファイナルへの切符を手にした。

 2トップのFWデル・ピエーロとFWトレゼゲが揃ってゴールを決め、MFザンブロッタとMFダービッツが中盤を制圧した。トータルスコアを4-3とする豪快なゴールを叩きこんだのは、その年の暮れにバロンドールを受賞するMFネドベドだ。フィジカルと運動量でレアルを圧倒し、ユーベはレアルを粉砕したのだった。

今回も、下馬評はユベントス圧倒的不利。

 12年後の今回も、下馬評はユベントスの不利とされている。

 昨季10度目のビッグイヤーを獲得した現王者レアルは、今季を含め5年連続で準決勝に勝ち上がってきた。もう一つのカードで対戦するバルセロナとバイエルンも、ここ5年でともに4度目の4強進出だ。

 30回のスクデットを誇るイタリアの盟主ユベントスとはいえ、近年ベスト4の顔ぶれが固定化したCLにあっては、“新参者”なのだ。

【次ページ】 経済力はほぼ半分、しかしカレンダーはユーベに利。

1 2 3 4 NEXT
ユベントス
レアル・マドリー
ジャンルイジ・ブッフォン
パベル・ネドベド
マッシミリアーノ・アッレグリ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ