サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

森重真人がアンカー起用される理由。
4-3-3の特性と、アギーレの“哲学”。 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/10/27 10:40

森重真人がアンカー起用される理由。4-3-3の特性と、アギーレの“哲学”。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

かつては課題だったファウルの多さも落ち着き、いまや日本を代表するCBに成長した森重真人。今度は日本代表のアンカーになることができるか。

守備に特長がある日本人ボランチは少ない。

 細貝のプレーが、今後のアンカー争いに拍車をかけたことは間違いない。

 しかし、代表招集で森重をあえて“MF登録”にしたことからは、アギーレ監督が彼にアンカーを託そうという確かな意志が見て取れる。

 これまでも日本のボランチには、多くの才能溢れる選手がいた。ただし、思い浮かぶのはどれも攻撃的なタイプの選手ばかり。ボールを保持してプレーの主導権を握った状態では輝いても、守備に回るとどうしても世界とのフィジカルの差が目立った。

 例外は2010年W杯で奮闘した阿部勇樹くらいのもので、今回の2014年W杯でも、長谷部誠や山口蛍は、コートジボワールの押し寄せる波を止めきれなかった。

 ならば、ボランチの選手よりも守備に特化したDFにそのポジションを任せることができれば、状況は変わるかもしれない。さらに、足元の技術まで兼ね備えていることが望ましいとなれば、現在の日本に森重を超える適任者はいない。

「『アンカー=森重』と言われるレベルに」

 ブラジル戦後、森重はアンカーへの思いをあえて封印した。

「今後ですか? まあ、どこでプレーしてもベストを尽くすだけです」

 ただ、この言葉を額面通り受け取ることはできない。森重は、アンカーでプレーすることを、自分の新たな成長の糧として捉えている。

「やっぱりアギーレ監督が自分をどこでプレーさせたいかというと、それはアンカーだと思う。もちろん自分はセンターバックもできる。どちらもプレーするための準備はしていくつもり。ただ、アンカーでやるべきことを全うしたい思いもある。

 アンカーというポジションに挑戦するのであれば、そこのスペシャリストと言われるぐらいまでのプレーができるようになりたい。そういう意味でも、9月の単発で終わらせたくはない。アンカーとして“君臨”するというか『アンカー=森重』と言われるぐらいのレベルになれるように」

 森重は、あまり大言壮語を吐く選手ではない。どちらかというと闘志は胸に秘める選手だ。そんな彼が“君臨”というフレーズを使うまでの表現をしたアンカーへの思い。

 11月、アギーレジャパンはホンジュラス、そしてオーストラリアと戦う。来年1月のアジアカップ前、最後の試合だ。アギーレ監督は、再びアンカーに森重を起用するのだろうか。どちらにせよ、4-3-3を機能させるのであれば、アンカーに守備力と足元を兼ね備える選手の起用は必須。DF出身の森重がその場所で“君臨”することができれば、日本の中盤は過去にないほどタフになるに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ハビエル・アギーレ
森重真人

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ