SCORE CARDBACK NUMBER

真夏のトップリーグはディフェンスが命。
~パナソニックの堅守に見る戦略~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2014/09/21 10:30

真夏のトップリーグはディフェンスが命。~パナソニックの堅守に見る戦略~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

ヤマハのNo.8堀江恭佑を食い止める、パナソニックのHO堀江翔太(下)とPR河野悠輝。

 ジュビロカラーの青に染まったスタジアムに、絶叫がこだました。9月6日のヤマハスタジアム。パナソニックに5点をリードされたヤマハ発動機が、自陣のピンチを守り抜いてPKを獲得。FB五郎丸歩が蹴ったボールは相手ゴールライン目前でタッチを出た。直後、タイムアップを告げるホーンが響く。泣いても笑ってもラストプレー。

 シビれる時間だ。ヤマハは逆転を狙い、決死のラストアタック。ラインアウトからBKも加わり12人でモールを押し、ロングパスでサイドチェンジ。ファンブルがあっても五郎丸が素早く戻ってボールを継続し、FWが頑健に突進する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 651文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

革命を見逃すな。~大谷翔平と錦織圭~

関連記事

パナソニックワイルドナイツ
五郎丸歩
ヤマハ発動機ジュビロ
ロビー・ディーンズ
清宮克幸

ラグビーの前後の記事

ページトップ