SCORE CARDBACK NUMBER

男子7人制日本代表のチーム編成に異議アリ。
~ラグビー界の“本気度”は?~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/10/26 10:30

男子7人制日本代表のチーム編成に異議アリ。~ラグビー界の“本気度”は?~<Number Web> photograph by KYODO

アジア大会のメダルを掲げる男女の7人制代表。女子は前回5位から銀メダルに躍進した。

 金メダルを首から下げ、選手たちは誇らしげに現れた。10月3日、仁川アジア大会の7人制ラグビーで優勝した男子日本代表は、帰国すると日本ラグビー協会に直行、優勝報告会見に臨んだ。

 日本男子は1次リーグから準決勝までの5試合をすべて圧勝、無失点で勝ち抜き、決勝の香港戦も24-12で勝利し3連覇を決めた。男子の五輪種目団体球技で唯一の金メダル獲得は、3月にワールドシリーズ昇格戦で優勝した実力を遺憾なく発揮した結果に見えるが……。

「今日、金メダルを持って優勝を報告できることを嬉しく思います」

 優勝報告会見で、こう切り出した7人制男子日本代表の瀬川智広ヘッドコーチ(HC)は、厳しい顔で続けた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 631文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

レジェンドが語る 愛と憎しみのクラシコ。

関連記事

坂井克行
桑水流裕策
瀬川智広

ラグビーの前後の記事

ページトップ