オリンピックへの道BACK NUMBER

五輪で8位に入賞して悔しがる41歳。
葛西紀明、ラージヒルで「お返し」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2014/02/10 12:15

五輪で8位に入賞して悔しがる41歳。葛西紀明、ラージヒルで「お返し」。<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

悔しそうな表情でインタビューに答える葛西紀明。“レジェンド”と呼ばれる男は、次のラージヒルへ向けて逆襲を誓っていた。

 悔しさをにじませていた。

 2月9日、ノルディックスキー・ジャンプの男子ノーマルヒルが行なわれた。

 日本からは、葛西紀明、竹内択、渡瀬雄太、清水礼留飛の4人が出場。中でも注目を集めていたのは、葛西だった。

 41歳、冬季オリンピック最多の7回目の出場。今回出場した48人の選手中、むろん最高齢である。しかも近年では最高と言える成績を残し、シーズンを通じて上位争いをしてきた上でのオリンピックである。

 1本目、葛西は飛距離101.5mで131.2点で8位につける。8位といっても、首位のカミル・ストッホ(ポーランド)と10.8点差、3位のペテル・プレヴツ(スロベニア)とは3.6点差。上位とは僅差だ。

 迎えた2本目、葛西は100mを跳び、1本目とのトータルで255.2点でその時点で2位となる。順位は残り7人の選手のジャンプにかかったが、上位の選手たちが崩れることはなかった。

ジャンプは、いかにミスをしないかが重要な競技。

 結果8位となった葛西は、試合をこう振り返る。

「1本目の位置だと、2本目によいジャンプができればメダルを狙える。やっぱり力が入ってしまう」

 上位とわずかな差しかない8位という1本目の成績。十分、挽回できる距離であったことが、力みを生んだのだと言う。

 以前、原田雅彦氏はこう語っていた。

「助走から踏み切る。空中での姿勢やバランス。それらを完璧にこなせばいいわけだけど、でも完璧なジャンプなんてめったにない。どれだけ失敗しないかなんです」

 つまり、いかに減点を減らすか、ミスをしないかが重要な競技である。その中では、気持ちのありようもかかわってくる。踏み切りのタイミングも、力めばずれてくる。

 葛西自身も、2本目のジャンプは踏切が遅れたと認める。

「あの風なら、104mとか105mは飛べた」

 力が入ったからであり、上位を狙える位置につけていたからにほかならない。わずかな狂いが影響する、ジャンプという競技の繊細さでもある。

 だからこそ葛西は、悔しい表情を見せたのだ。

【次ページ】 100mジャンプを2本揃えたのは葛西ともう1人だけ。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

葛西紀明
竹内択
渡瀬雄太
清水礼留飛
カミル・ストッホ
伊東大貴
ペテル・プレヴツ
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ