ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

<五輪代表連続インタビュー#1>
GK・権田修一 「僕は今のチームの
一体感を大事に戦いたい」  

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2011/10/25 10:31

<五輪代表連続インタビュー#1>GK・権田修一 「僕は今のチームの一体感を大事に戦いたい」 <Number Web> photograph by Toshiya Kondo

A代表とU-22代表両方のチームの空気を知る権田修一。オリンピックは1996年から4大会連続出場しており、今回ロンドン五輪出場が決まれば5大会連続となる

「宇佐美は一緒にプレーしてうまかったし、宮市は……」

――バーレーン戦は、宇佐美ら欧州組を招集したという話も出ている。

「ヨーロッパから近いからでしょう。宇佐美は一緒にプレーしてうまかったし、宮市はまだ一緒にやったことがないから何とも言えないけど……。2人ともすごいチームにいるし、呼ばれる可能性はあると思うけど、ベンチにも活躍できる選手はいるし、国内にもまだまだいい選手がいますよ。そういう選手が試合に出たらがんばってくれると思うし、僕は今のチームの一体感を大事に戦いたいから、国内にいる選手でやりたいですね」

――でも、アウェーの戦いはクウェートに逆転負けをしたように甘くはない。試合後、権田選手は「気持ちが足りない」と言っていたが、マレーシア戦の勝利でナイーブなメンタリティは払拭された?

「うーん、それはどうですかね。ただ僕は、あの試合は絶対に忘れてはいけないと思うんです。アウェーで『苦しかったよな。でも次は大丈夫でしょ』で終わらせるのではなく、苦しかったからこそ次はしっかり準備をしないといけないし、試合の入り方を考えないといけない。あの試合を生かすということは、あんな負け方を二度としないように、しっかり準備することだと思っています」

11月の2連戦は最終予選の中でも一番重要な試合となる。

――正直、クウェート戦の敗戦がトラウマとなって、アウェーに対する恐怖感のようなものを感じたりしているのでは?

「それはあっても仕方ないことだと思いますね。あんな試合をしているんで。アウェーだと暑いとか埃っぽいとかネガティブな要素が出てくるけど、アウェーなんてそんなもんなんだと開き直ってやればいいんですよ。僕も大雨とかピッチコンディションが最悪とか、いろいろなことを経験したけど、開き直ればなんとかやれた。あのクウェート戦よりも厳しい環境はなかなかないし、あの時より選手は確実に成長している。その成長の跡をアウェーで見せてやるぐらいの気持ちでやればいいと思います」

――11月の2連戦は、最終予選のなかで大きな山場になりそうだ。

「僕も最終予選のなかで一番重要な2連戦だと思っています。バーレーン戦はアウェーだし、中東から戻ってすぐに試合が待っている。生半可な気持ちでは勝てないと思うし、この2試合で五輪行きを決めるぐらいの覚悟で挑まないといけない。チームにとっても予選突破に向けても大事な試合になる。絶対2つ勝ちますよ」

 権田は、自信満々にそう言った。

 11月はA代表の3次予選突破がかかるアウェー2連戦があり、五輪代表も最終予選突破をうらなう2連戦が待っている。FC東京は、J2優勝とJ1昇格を決める月になるだろう。そのすべてに関わる権田は、11月を実りの秋にすることができるだろうか――。

【次ページ】 ◆◆ 権田修一を知るための7つの質問 ◆◆

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

権田修一
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ