自転車ツーキニストのTOKYOルート24BACK NUMBER

暑い夏には、都心から逃げよう!
セレブ世田谷、緑の公園巡り60km。 

text by

疋田智

疋田智Satoshi Hikita

PROFILE

photograph bySatoshi Hikita

posted2011/07/23 08:00

暑い夏には、都心から逃げよう!セレブ世田谷、緑の公園巡り60km。<Number Web> photograph by Satoshi Hikita

茅葺き屋根で風情がある徳富蘆花の旧宅。買い取った家で、「僕の家は出来てまだ十年位比較的新しいものだが、普請はお話にならぬ」と書き残しているが、この地が気に入り、明治40年から没するまでの20年間を過ごした

目黒通りに片側通行の自転車レーンができたなら……。

 等々力渓谷の最終地点は、等々力不動尊だ。三号横穴から数百メートル歩き、稲荷大明神横の階段を上っていくと、いつの間にか地上、住宅地の中に立つ不動尊となる。

 いつのまにか都会の喧噪もうっすら聞こえていて、ああそうか、もう普通の街の一角に戻ってきてたのか。

 お賽銭を入れ、不動尊を拝み、さて、自転車の場所まで戻ったなら、目黒通りを一路都心に帰ろう。

 目黒通りという道路は、都内の放射状道路の中では「大メジャー路線の次」というあたりに属している。

 246号線(玉川通り)や、20号線(甲州街道)6号線(水戸街道)、4号線(日光街道)、1号線(東海道)などの大幹線ほど交通量は多くない。しかしながら、それなりに整備されていて、それが閑静な住宅地ばかりを貫いている、という形。

 その結果、自転車にとって、都内随一の優秀な通りとなった。

 交通量がさほど、というだけじゃない。アスファルトの質も最良だし、クルマは抑制の効いた走り方をするし(さすがは高級住宅地)、車線は広く、路肩もきちんとある。違法駐車も少ない。

 ここに片側通行の自転車レーンができたなら、全国に発信できるお手本となるだろうなぁと思う。

 けれど、そういうことは決して提案してはならない。

 なぜなら、そういうことを言ったが最後、この国の行政は、ならば歩道に自転車レーンを作ろう、相互通行にしよう、自転車道にしよう、などと言い始め、ふだん自転車にちっとも乗らないお役人がデタラメな……(以下繰り返し)。

等々力不動尊にお願いしたこと。

 私の経験上、この国のお役人たちに自転車のことをやらせると、必ず以前より悪くなる。頼むから何もしないで戴きたいと思う。彼らがいじると決まって自転車走行スペースは混乱するばかりなのだ。

 等々力不動尊でも祈ってきた。なむなむ、お役人たちが何もしませんように。給料はそっくり差し上げますから、くれぐれも何にもしないで下さい……。

 さて、等々力の高級住宅地(ここは南麻布や田園調布、成城などに続いて高額納税者が多数住む地域なのだそうだ)、八雲(外車のディーラーだらけだなぁ)、碑文谷(芸能人の結婚式で有名なサレジオ教会はここにある)などを抜けて、目黒通りを快適に走る。

 快適なのには道路事情以外にもう一つ理由があって、そろそろようやく太陽も傾き始め、暑さも薄らぎ始めているからだ。

 サイクルコンピュータを見ると、寄り道などを含めて、赤坂からここまでだいたい60kmというところ。

 高級住宅地然としていた風景がちょっと下町風に変わり、権之助坂という急坂を上ると、目黒駅。ここから港区、渋谷区など、いわゆる都心に入っていく。

 本日、行くことのできなかった世田谷区内の公園が、祖師谷公園、馬事公苑など。次回また行こうと思う。ただし秋になってから。

 今回、走り始めたときには「暑い都心を離れ、世田谷の公園ですごす週末なんかいかがですか?」みたいな感じでシメようと思っていたんだけど、わはは、うそうそ。世田谷の公園も十分、暑いっす。

 やはり体温に近い気温の時は、自転車なんか乗るもんじゃないね。ってどういう結論なんだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5

他競技の前後の記事

ページトップ