メディアウオッチングBACK NUMBER

自叙伝から読み解く
長友佑都のメンタリティ。
~『日本男児』に描かれた力の源~ 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2011/06/06 06:00

自叙伝から読み解く長友佑都のメンタリティ。~『日本男児』に描かれた力の源~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『日本男児』 長友佑都著 ポプラ社 1333円+税

「決して満足しない」イチロー同様の思考パターン。

「感心させられるのは、ステップアップしていく中で決して満足しないところ。4割近い打率を残しても6割以上の打ち損じを課題に挙げるイチローのように、一流のアスリートは自分の不完全な部分を常に見ている。インテルで活躍の場を得た今でさえ、『常に自分の足りないところを探している』と考える長友選手も同じ思考パターンをもっている」

 さらに同著の記述からは、長友特有の「心」の素質が浮き彫りになっていく。

「高校進学のために福岡へ発つ時、友人たちが渡した手紙や写真を破り捨てる場面がありますが、これは新たなスタートを切るための儀式的なものと言えるのかもしれません。こうした自己暗示によってモチベーションを上げ、より厳しい努力を積み重ねることができるのは、極めて重要なメンタルスキルと言えます」

自らの愚直な姿を見習え、と言わんばかりの真っ直ぐなメッセージ。

 チェゼーナに移籍して迎えたセリエAの開幕戦。強豪のローマと同じピッチに立った長友は心の中で叫ぶ。「来いよ! どんどん来いよ! 俺は世界一のサイドバックになる男だ」。児玉教授は、ここに長友の真骨頂を見出す。

「励ましてくれる人が誰もいない代わりに、自分で自分を励ましている。これこそ、彼の屈強なメンタルを象徴する言葉でしょう」

 日本人はフィジカルに劣るという常識を覆しながら、長友はインテルでの自分の居場所を着実に確立してみせた。

「常識に縛られないという意味ではカズさんとも共通していますね。逆境をたくましさに変えてきた2人は、よく似たアスリートだと思いますよ」

 強い意志の力で生きる道を切り開いた長友。その愚直な姿を見習えと言わんばかりの真っ直ぐなメッセージが、『日本男児』にはぎっしりと詰め込まれている。

関連記事

BACK 1 2
長友佑都

海外サッカーの前後の記事

ページトップ