ドーピング 

ドーピング問題でクリーンだった日本。近年、違反者が増えている背景は……。

オリンピックへの道

ドーピング問題でクリーンだった日本。
近年、違反者が増えている背景は……。

オリンピックでドーピング違反ゼロ。それは日本の誇るべき点として、しばしばクローズアップされてきた。しかし最近、五輪競技で… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

その他スポーツ

2018/06/03

“アスリートファースト”な結論へと落ち着いたロシアドーピング問題。~個人参加を国が支援「ロシアに勝利を」~

NumberEYES

“アスリートファースト”な結論へと落ち着いたロシアドーピング問題。~個人参加を国が支援「ロシアに勝利を」~

国家ぐるみで組織的にドーピング違反を行なってきたとされるロシアの平昌五輪参加問題は、「厳しい条件を満たしたクリーンな選手… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

冬季スポーツ

有料

2017/12/24

今も続くロシアとドーピング問題。平昌五輪出場への“折衷案”とは。

オリンピックへの道

今も続くロシアとドーピング問題。
平昌五輪出場への“折衷案”とは。

12月、重要な決定がなされる。ロシアの平昌五輪出場の可否だ。理由は、組織ぐるみのドーピングである。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

その他スポーツ

2017/11/12

円盤投の世界記録は女子>男子!?陸上記録“白紙案”とドーピング。

オリンピックへの道

円盤投の世界記録は女子>男子!?
陸上記録“白紙案”とドーピング。

4月28日から4月30日にかけて、欧州陸上連盟の理事会が行なわれ、その後になされた提言が賛否両論、激しい議論を呼んでいる。世界… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

陸上

2017/05/14

MLBの選手組合vs司法省、薬剤汚染リストを巡る戦い。

MLB Column from USA

MLBの選手組合vs司法省、
薬剤汚染リストを巡る戦い。

いま、MLBの薬剤汚染問題に関連して、選手組合と司法省との間の法的係争が、連邦最高裁に持ち込まれようとしているので、説明し… 続きを読む

李啓充Kaechoong Lee

MLB

2009/09/03

メジャーの薬物汚染が伝記作家を殺す。

スポーツの正しい見方

メジャーの薬物汚染が
伝記作家を殺す。

アメリカでは、昨シーズン、メジャーとマイナーリーグを合わせて70人以上の薬物規定違反者を出しているが、今シーズンも後を絶た… 続きを読む

海老沢泰久Yasuhisa Ebisawa

MLB

2009/05/26

M・ジョーンズに実刑。ドーピング禍は続くか。

SCORE CARD

M・ジョーンズに実刑。ドーピング禍は続くか。

禁止薬物使用などに関する偽証罪に問われていた陸上女子短距離のマリオン・ジョーンズ被告が、米ニューヨーク連邦地裁から禁固6… 続きを読む

藤山健二Kenji Fujiyama

短距離走

有料

2008/01/31

ページトップ