NumberEYESBACK NUMBER

“アスリートファースト”な結論へと落ち着いたロシアドーピング問題。~個人参加を国が支援「ロシアに勝利を」~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/12/24 17:00

“アスリートファースト”な結論へと落ち着いたロシアドーピング問題。~個人参加を国が支援「ロシアに勝利を」~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

IOCで演説したメドベデワは「五輪は私の夢」とロシア代表としての出場を訴えた。

 国家ぐるみで組織的にドーピング違反を行なってきたとされるロシアの平昌五輪参加問題は、「厳しい条件を満たしたクリーンな選手のみ」が「個人参加」をするというかたちで落ち着くことになった。

 国際オリンピック委員会(IOC)が12月5日、平昌五輪へのロシア選手団の参加を認めないことと、国旗や国歌なしでの個人参加の道は残すと決定した件について、ロシア・オリンピック委員会(ROC)は同月12日、個人資格での参加を支援することを決めた。ROCのアレクサンドル・ジューコフ会長は、「選手は韓国へ行き、ロシアに勝利を持ち帰る必要がある」と話した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ドーピング
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ