SCORE CARDBACK NUMBER

M・ジョーンズに実刑。ドーピング禍は続くか。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

posted2008/01/31 00:00

 禁止薬物使用などに関する偽証罪に問われていた陸上女子短距離のマリオン・ジョーンズ被告が、米ニューヨーク連邦地裁から禁固6カ月の実刑判決を言い渡された。判決によると、ジョーンズ被告は米国の健康補助食品会社「バルコ」のスポーツ選手への禁止薬物提供疑惑に絡み、'03年の連邦検察官の捜査に虚偽の供述をした。また、私生活のパートナーだった男子100mの元世界記録保持者(ドーピング違反で記録は抹消)ティム・モンゴメリの小切手詐欺事件でも'06年に偽証した。同被告は昨年10月の公判で偽証を認め、「クリア」と呼ばれる筋肉増強剤などの使用を告白。自ら罪を認めて引退することで情状酌量を求めたが、裁判長は「被告は重大な2つの偽証罪に問われており、一度だけの間違いではない」と実刑判決を言い渡した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 567文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

監督力。 My Winning Method

Sports Graphic Number 696

監督力。
My Winning Method

 

マリオン・ジョーンズ

陸上の前後の記事

ページトップ