Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

ハーツクライはなぜディープインパクトに勝てたのか? ルメールが明かす、伏線となった“プチギレ”「レースの後にはちょっと怒りも覚えました。話が違うって(笑)」

posted2023/06/04 17:00

 
ハーツクライはなぜディープインパクトに勝てたのか? ルメールが明かす、伏線となった“プチギレ”「レースの後にはちょっと怒りも覚えました。話が違うって(笑)」<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

ディープインパクト(左)の猛追をおさえて2005年有馬記念を勝利したハーツクライ。JRAのレースでは最初で最後の「ディープに勝った競走馬」となった

text by

石田敏徳

石田敏徳Toshinori Ishida

PROFILE

photograph by

Sankei Shimbun

大きなレースでは2着ばかり

 2005年12月25日、クリスマス当日に行われた第50回有馬記念は、無傷のグランプリ制覇に挑むディープインパクトが断然の主役と目されたレースである。しかし爆発的な末脚を武器に連勝街道を歩んできた三冠馬の前には、意表を突く先行策に打って出たハーツクライが立ちはだかった。

 ディープインパクトに初めての土をつけたあの勝利は、奇襲を実らせた金星と解釈されることが多い。だが、そうではなかった。そもそも私たちの目にはハーツクライという馬の“本質”が見えていなかったのだ。勝利に導いたクリストフ・ルメール騎手の回想を聞くと、そのことがよく分かる。

ハーツクライ
ディープインパクト
クリストフ・ルメール
武豊

競馬の前後の記事

ページトップ