スポーツまるごとHOWマッチBACK NUMBER

クラスターを起こさないために…コロナで進化を遂げた“バスケットのホイッスル”の秘密とは? 担当者を直撃「学校体育の現場にはもってこい」

posted2023/02/23 17:00

 
クラスターを起こさないために…コロナで進化を遂げた“バスケットのホイッスル”の秘密とは? 担当者を直撃「学校体育の現場にはもってこい」<Number Web> photograph by Getty Images

バスケットボールのホイッスルも、コロナによって進化を遂げたという

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

『Sports Graphic Number』で好評連載中の「スポーツまるごとHOWマッチ」を特別に公開します! <初出:1064号(2022年12月1日発売)、肩書きなど全て当時>

 世界を一変させた新型コロナ。スポーツ界は次第にかつての姿を取り戻そうとしているが、ウィズコロナの新たなスタイルが定着した分野もある。例えばバスケットボールではBリーグをはじめ、インカレ、ウインターカップといった大会で、レフェリーがホイッスルカバーを用いるようになった。これは言うまでもなく飛沫感染を防ぐため。ホイッスルからの飛沫を原因としたクラスターが複数発生したため、2020年、JBAがホイッスルカバーの使用についての取り決めを発表した。

 ホイッスルカバーには、ホイッスルを袋のようなものに入れるもの、ホイッスルに暖簾のようなマスクをかぶせるものなどがあるが、音の劣化や衛生的な課題が指摘されてきた。

 だが'22年11月、そうした課題を解決するホイッスルが日本で売り出された。米プロテクターホイッスル社が開発した、その名も『プロテクターホイッスル』(税込2200円)だ。同商品の輸入販売元であるムトーエンタープライズの清遠興一さんが言う。

「弊社営業からホイッスルをカバーする商品を販売したいとの要望で海外のスポーツ用品をリサーチし、この商品を見つけました。同社は2020年、飛沫の上空拡散を抑え、掃除も簡単にできる取付式のホイッスルシールドを開発したのですが、それだけでは満足せず、飛沫を98%削減するプロテクターホイッスルを完成させたのです」

飛沫を飛ばさない秘策とは

 カバーのないプロテクターホイッスルが、なぜ飛沫をシャットアウトできるのか。それは通常上側についた穴が下側にあり、さらに飛沫が飛び散らないチャンバー構造という工夫が施されているからだ。またマウスグリップにはFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可された食品グレードのシリコンが使われるなど、人体への影響も十分に配慮されている。穴が下についていても音の響きにはまったく支障がなく、清遠さんによるとすでにバスケットボールを中心とした米プロスポーツ、大学スポーツの現場で使用されているという。

 バスケットボールでの感染抑止のために開発された、飛沫の飛ばないプロテクターホイッスル。だがマーケットの拡大を目指す清遠さんは、競技を超えた可能性を見出している。

「バスケットボールだけじゃもったいないと思います。子どもたちが不安なく運動できるためにも、例えば学校体育の現場にはもってこいではないでしょうか」

 たしかに、もっともである。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

バスケットボールの前後の記事

ページトップ