スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

《引退》36歳畠山健介が語る“未熟”だった早稲田ラグビー期とジャパンで出会った“漢”たち「当時は全員がラガーマンでした」

posted2022/06/22 11:00

 
《引退》36歳畠山健介が語る“未熟”だった早稲田ラグビー期とジャパンで出会った“漢”たち「当時は全員がラガーマンでした」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

現役引退を表明した元ラグビー日本代表の畠山健介(36歳)プロップ歴代最多キャップにふさわしく、“桜色”の背景で写真に収まった

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

2021-2022シーズン限りで現役引退を発表した畠山健介(36歳)。日本代表プロップとして歴代最多の78キャップを誇り、2015年ワールドカップでは南アフリカ撃破に貢献した。早稲田大学時代から取材を続けてきた生島淳氏によるインタビューをお届けします。全3回の1回目(#2#3へ)

 背番号3。

 日本代表の右プロップとして重ねたキャップ数は78。

 宮城県気仙沼市出身(私も同郷)、2011年、2015年のワールドカップでもプレーした畠山健介が現役引退を表明した。
 
「シーズン終了のひと月前くらいに、来季は契約を結ばないことを豊田自動織機シャトルズ愛知(リーグワン DIVISION 3)から伝えられました。『分かりました。ありがとうございました』と、自分でも呆気ないくらいすんなりと受け入れました。ひょっとして、来季もプレーしたいと強く願えば、どこかのチームがプレーさせてくれたかもしれません。いや、オファーがないかもしれない、『必要ない』と言われる怖さから逃げたかったのかもしれません。楽になりたかったのかも……。とにかく、戦力外を知らせる電話で、引退することに決めました」

 初年度のリーグワンも終わり、いまはフリーランスの身の上。生活スタイルも変わったが、ラグビーのない生活を送るようになって初めて、ラグビーとは生活の、人生の「軸」だったことに気づいたという。

「明日、練習があるからもう寝ようとか、明日、練習がないから、この時間まで起きていても大丈夫だなとか、自分の行動の基準、軸がラグビーだったんですよ。軸がなくなってしまったので、さて、なにをしようか? と考える毎日です」

「ラグビーだったら自分を表現できる」

 気仙沼にある鹿折ラグビースクールで楕円球を追いかけ始めたのは小学校2年生の時のこと。中学校ではバスケ部にも所属したが、ラグビーの方が得意だった。

「体をぶつけるプレー、バスケでそんなことをしていたら、すぐにファイブ・ファウルで退場ですよ(笑)。僕は3きょうだいの末っ子で、上のふたりと比べたら勉強も出来ないし、劣等感が常にありました。だから承認欲求が強く、ラグビーだったら自分を表現できて、親からも盛大に褒められると思っていましたね。ラグビーで表現しよう、生きていこうと考えるようになりました」

【次ページ】 清宮監督に誘われて早稲田大学へ

1 2 3 4 NEXT
畠山健介
豊田自動織機シャトルズ愛知
仙台育英
早稲田大学
清宮克幸
五郎丸歩
中竹竜二
東京サントリーサンゴリアス
ジョン・カーワン
大野均
湯原祐希
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ