サムライブルーの原材料BACK NUMBER

VIPルームで学童保育!? ワイン用ぶどう畑やドッグランまで…FC今治の新スタジアムがスゴい! 岡田武史が明かす衝撃的な構想とは
 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshio Ninomiya

posted2022/03/29 17:00

VIPルームで学童保育!? ワイン用ぶどう畑やドッグランまで…FC今治の新スタジアムがスゴい! 岡田武史が明かす衝撃的な構想とは<Number Web> photograph by Toshio Ninomiya

岡田武史会長が指し示す先に見える、建設中のFC今治新スタジアム。来年1月に完成予定だ

「日本ハムさんは、一つの町をボンとつくっちゃうイメージだよね。本当に凄いことだし、素晴らしいこと。僕らはお金もないから、人が集まる拠点になればいい。ウチには(スタジアムの)近くにイオンモール今治新都心があって、ファンクラブ会員証を持っていたら5%の割引になる。そういったいろんな協力があって僕らはやろうとしている」

 イオンモール今治新都心との関係も、広く言えば共助。足りないものをみんなで補い合って、人々を集めて憩いの場にしていく。むしろ足りないくらいでちょうどいい。

便利さよりも大切なことが、きっとある

 指導者としてサッカー解説者として岡田は世界のいろんなスタジアム、いろんな町を見てきた。「ちょっとずつヒントをもらって」里山スタジアムの構想が練られていった。その「ちょっとずつ」の一つに、オーストリアのとある小さいクラブの質素なスタジアムがある。あまりに牧歌的な光景がやけに心地よかったという。

「古くて、しっかりしたスタジアムじゃなくて、でも凄くいい感じで。お客さんが周りでバーベキューしながらとか、のんびりした感じで見ていた。トイレも確か一カ所しかなくて、みんなそこにてくてく歩いていく。スタジアムは便利じゃないとダメ、機能的じゃないとダメと言うけど、いやいや、それよりも大切なことがあるんじゃないかと思えた」

 温かみ。

 最新鋭であることよりも、機能的であることよりも、集まる人々の心が触れ合えるような場所にしていくことを、いの一番にやっていきたいということ。

「If you build it, society will change.」(それをつくれば、きっと社会は変わる)

 岡田にも“天の声”が届いているのかもしれない。

 写真撮影の際、新スタジアムを指してポーズを取ってもらった。数カットを撮り終えても、彼はしばらく視線を建設現場に向けていた。

 岡田武史のフィールド・オブ・ドリームス。

 人々が集い、にぎわう光景が社会を変えていくその第一歩となる。 (つづく)

#2に続く「東京と今治が同条件でいいのか」岡田武史が語る新スタジアムと“今治モデル”の独自性…座席数をあえて“J2規定未満の6000席”にするワケ

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
岡田武史
FC今治

Jリーグの前後の記事

ページトップ