ゴルフPRESSBACK NUMBER

「プロとしての責務を…」無言で立ち去るデシャンボーを米メディアが批判…選手とメディアの関係で“必要なこと”とは? 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/07/06 17:00

「プロとしての責務を…」無言で立ち去るデシャンボーを米メディアが批判…選手とメディアの関係で“必要なこと”とは?<Number Web> photograph by Getty Images

ユニークで気の利いた返答でメディアをにぎわせてきたデシャンボー(写真は3月のザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップにて)

 デシャンボーと米メディアの関係は、いいようでもあり、悪いようでもある。

 独自の科学的理論に基づいて、同一レングスのアイアンを使い、肉体を巨大化してパワーアップし、360ヤード、370ヤード、果ては400ヤード超をかっ飛ばすデシャンボーは、メディアにとっては「ネタの宝庫」だ。そんな彼が堂々勝利したときは、大勢のメディアが一気に群がる。

 そういうときのデシャンボーは、実にユニークで気の利いた返答をするため、メディアは、みな大喜びで質問を重ねていく。

 しかし、その一方で、ゴーイング・マイ・ウェイなデシャンボーには、「出る杭」が叩かれやすいように、往々にして厳しい視線が向けられてきた。

 米ツアーにデビューして間もないころは、手にしていたパターが「ルール違反だ」と指摘され、その次は、パッティングの際のストロークも「ルール違反なのでは?」と書かれ始め、結局、デシャンボーはパターもストロークも変更した。

 その次は、デシャンボーのスロープレーぶりがことごとく批判され、マナーやエチケットも批判された。

 昨年のロケット・モーゲージ・クラシックでは、自身のミスショットに激怒している様子を撮影されたデシャンボーが「メディアは選手のブランドイメージを守るべきなのではないのか?」と憤慨したところ、メディアから「事実や真実を報じるのがメディアであり、メディアは選手のブランドイメージを伝えるための広告屋ではない」と逆襲された。

 その後、デシャンボーのスロープレーを批判したブルックス・ケプカとの確執も、ことあるごとに報じられ、デシャンボーとメディアの間の溝はどんどん深まっていった。

 昨年の全米オープン勝利で、そうした溝やモヤモヤは払拭されたようにも感じられたが、どうやらそうではないらしい。

根が真面目なデシャンボー

 昨年以上に激化しているデシャンボーとケプカの確執、そしてデシャンボーの飛距離や体重に関することは、常に面白おかしく取り上げる一方、聞かれたくないことを次々に尋ねてくる米メディアにデシャンボーはうまく対応しきれていない様子だ。

 根が真面目なデシャンボーは、メディアを適当にあしらうこともできず、対応の仕方に戸惑っているのかもしれない。わからないから、とりあえず黙るしかないと思っているのかもしれない。

 だから、大崩れした全米オープン最終日、彼は取材を拒否して無言で去っていった。ロケット・モーゲージ・クラシックでは、相棒キャディとの突然の決別の理由を語らず、予選落ち後は、やはり無言で去っていった。

【次ページ】 選手は、メディアはどうあるべきか

BACK 1 2 3 4 NEXT
ブライソン・デシャンボー
大坂なおみ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ